風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【野郎WORKマガジン】

職種
デリヘルドライバー
野郎WORKマガジン編集部

どうする?送迎ドライバーの仕事中に事故を起こした場合の対処法

どうする?送迎ドライバーの仕事中に事故を起こした場合の対処法

毎回、ナイトワークのさまざまなお仕事について解説している野郎WORKマガジン。今回フォーカスするのは「送迎ドライバー」です。
テーマは、「仕事中に事故が起きたら何をすればいいの?」ということ。

送迎ドライバーのお仕事は「安全第一」が基本ではありますが、どんなに気をつけていたとしても交通事故が起こる可能性はあります。
万が一、事故を起こしてしまった場合には何をすべきなのかチェックしておきましょう。

交通事故の対処法【基本編】



まずは、交通事故を起こしてしまった際の基本的な対処方法について見てみましょう。

救急車・警察に連絡

事故を起こした場合、何よりも優先すべきなのは人命です。
以下の(1)~(3)をしっかりと行いましょう。

(1) 同乗者も含め、ケガをした人がいないか確認する
(2) ケガをした人がいる場合はその救護を行う
(3) 見た目の状態に関わらず119番で救急車を呼ぶ


交通事故のケガは時間差で症状が出てくる場合もあるので、ケガをした人は必ず救急車で病院に運ぶ必要があります。

また、交通事故の発生を警察に届けるのは車を運転する人の義務のひとつです。110番で警察に通報し、場所や死傷者の有無などを含め、状況をきちんと説明しましょう。

周囲の安全確保

警察に通報しつつ行わなければならないのは、周囲の安全確保。特に道路の真ん中で事故を起こしてしまった場合には、後続車がさらなる事故を引き起こしてしまう可能性もあるので、これを防ぎます。
発煙筒に火をつけたり三角表示板を設置したりするのが基本です。

ちなみに、発煙筒は車の標準装備のひとつですが、三角表示板は普段から積んでおかなければならないと決まっているわけではありません。

しかし、事故の際に三角表示板を道路に設置することはハンドルを握る人の義務のひとつです。(高速道路では設置しないと違反になります)
ドライバーの仕事をするときには、必ず用意しておきましょう(ホームセンターやネット通販で購入できます)。

保険会社に連絡

周囲の安全を確保して警察に通報したあとは、自動車保険の保険会社に連絡しましょう。

事故で発生した被害を補償しなければならない(損害賠償)とき、強制保険である「自賠責保険」や、こちらは文字通り任意で加入する「任意保険」から支払われることになります。
保険会社も事故の「当事者」となるので、連絡は必須です。

ドライバーの仕事をするときには携帯電話の「電話帳」に保険会社の番号を登録し、すみやかに連絡できるようにしておくことをおすすめします。

送迎ドライバーの仕事中に事故を起こしたときは?



以上、【基本編】ということで交通事故を起こした際の対処法についてまとめました。

一方、特に風俗店やキャバクラの送迎ドライバーとしてお仕事をしている中で事故を起こしたときには、何か特別な対処をする必要があるのでしょうか?

対処法は【基本編】と同じ

交通事故を起こした際の対処法としては、【基本編】と大きく変わるものではありません。
まずは同乗するキャストも含め人命最優先で行動し、119番と110番に連絡。周囲の安全を確保したうえで、保険会社に連絡します。
特にお客様のもとにキャストを送っている最中だった場合には、お客様への対応もあるのでお店に連絡することも忘れてはいけません

このとき、自己判断で物事を進めるのは禁物です。
たとえば、「キャストを後ろに乗せていて追突された」などといった“事故を起こされたパターン”のときは、【基本編】で述べたことをしっかり相手の運転手に求め、必要ならこちらで通報などを行いましょう。

軽い事故の場合には示談ですませようとする運転者もいるようですが、のちのち賠償請求ができなくなる可能性もあるので、応じないことが大切です。

あらかじめ損害保険は“無制限”にしておくこと!

風俗店やキャバクラの送迎ドライバーは多くの場合、「個人事業主」としてお店と契約を結ぶカタチになります。
事故を起こして人や物に対して補償しなければならなくなった際には、自己負担が基本です。

とはいえ、事故の内容によっては数千万円の損害賠償が発生することもあります。
車を購入する際に必ず加入しなければならない自賠責保険だけでは賄いきれないケースがあります。

そのようなこともあり、送迎ドライバーとしてお仕事をする際には“無制限”の「対人賠償保険」「対物賠償保険」に加入していることが必須とされています。

“無制限”であれば、万が一事故を起こした際に損害賠償が高額になったとしても、保険会社が補償を引き受けてくれます。

まとめ

いかがでしょうか。
今回覚えておきたいポイントは以下の2点です。

・事故後は法律にのっとった対処を行う
・応募前に「賠償保険」の内容を確認する


もちろん「事故を起こさないよう気をつけること」が前提条件ではありますが、もしものときのために、心に留めておきましょう。

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

職種 デリヘルドライバー の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
採用ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

失敗 シフト制 幹部候補 交通費 家庭 服装 独立支援制度 日払い・週払い アルバイト・パート 正社員 グループ店 働くお店選び タブー 履歴書 歩合制 社会保険制度 クリエイティブ 退職 内勤 ダブルワーク 積極採用 業界経験者 早朝・深夜勤務 風営法 再生 昇給・昇格 学歴・職歴 道具・備品 賞与・ボーナス 週休2日制 寮・社宅 食事補助 資格手当 中・高齢者 業界未経験 キャスト関連

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  2. 2
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  3. 3
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  4. 4
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればいいか知っていますか?
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればいいか知っていますか?
  5. 5
    風俗店の面接でよく聞かれる5つの質問とその対策!
    風俗店の面接でよく聞かれる5つの質問とその対策!
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  7. 7
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務につ…
  8. 8
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
  9. 9
    キャバクラで働く「キッチンスタッフ」の1日
    キャバクラで働く「キッチンスタッフ」の1日
  10. 10
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店で働くなら知っておくべき法律・ルールとは?
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店で働くなら知っておくべき法律・ル…

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。