風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

職種
風俗店 店長・幹部候補
公開日2021-03-19読了時間約4分50秒by
野郎WORKマガジン編集部
野郎WORKマガジン編集部

デリヘル店長の仕事内容とは?どんな人が向いてる?

デリヘル店長の仕事内容とは?どんな人が向いてる?

今回の野郎WORKマガジンは「デリヘル店長」をテーマにお届けします。スタッフやキャストを束ねるお店のリーダーであり、責任者でもある重要なポジションですが、その具体的な仕事内容は?給料の額は?どんな人が向いている?など、気になるポイントをまとめてみました。

この記事の目次

デリヘル店長の仕事内容

デリヘル店長の仕事内容

デリヘル店長の仕事は、お店の受付からホームページの更新、キャストやスタッフの管理までさまざまです。

忙しい時間帯はお客様からの電話を取り、Webスタッフがホームページ上にアップしたキャストの出勤情報や待機情報を確認し、キャストやスタッフの接客について適切な教育を行うなど……。

そのほか、キャストのシフト管理、キャスト志望の女性の面接などを担当することもあります。

1日のスケジュールを紹介

ここでは、現役のデリヘル店長Sさんに協力していただき、店長の「ある1日」を追ってみました。

Sさんが店長を務めているのは、10:00~24:00で営業しているデリヘルです。
どんなスケジュールで動き、実際にはどんな仕事をしているのでしょうか。

【9:00】出勤

この日は開店1時間前の午前9時に出勤しましたが、日によって出勤のタイミングは異なるようです。

出勤後は、スタッフとのミーティングを行ったり、10:00までに出勤してくるキャストのシフトをチェックしたりなどこまごました業務を行います。

【10:00】開店

開店後は、一般の店舗スタッフ(受付・Webスタッフ)と同じようにお客様からの電話を取ったり、Webの更新作業に携わったりします。

ただし、一般のスタッフたちとは異なり、彼らがしっかりした接客を行っているか、Web更新は滞りなく行われているかなど、しっかり管理することも欠かせません。

ただ忙しく働くだけでなく、管理職としての仕事もこなす必要があるわけです。
たとえば横で見ていて電話対応が良くないと思われるスタッフがいた場合は、適切な指導を行います。

【12:00】面接

この日、Sさんは正午になると事務所を出て近所のカフェに向かいました。

待ち合わせているのは若い女性……誰かと思えば、キャストとして入店を希望する女性です。
Sさんは丁寧に接し、面接を進めていきます。

ちなみに、面接は1日1件とは限りません。
このあともSさんは退勤までのあいだに3回、カフェに向かって面接を行いました。

【16:00】広告会社と打ち合わせ

昼食を取り、休憩したあとの午後4時、Sさんは事務所の応接スペースに広告会社の人を迎えます。
実店舗がないデリヘルの場合、ネット広告は大切な存在です。

風俗情報サイトに掲載しているお店の広告について、どんな効果があったかなどの説明を聞き、今後はどのように進めていくかなど話し合います。

【17:00~24:00】

午前0時の閉店まで、受付業務や面接、出退勤するキャストのシフト管理などをこなすSさん。
合間に出前で食事をとりつつ、忙しい夜の時間帯を乗りきっていきます。

また、キャストが退勤する際には給料袋を手渡します。Sさんのお店は現金での日払いが基本なので、経理スタッフとともにお金の管理をしっかり行うことも欠かせません。

【25:00】退勤

閉店後はキャストのシフト確認、スタッフの終礼などを行います。
その後、退勤となります。

デリヘル店長の給料体系について

デリヘル店長の給料体系について

風俗業界において、受付や雑務を担当する店舗スタッフの月収は、25万円前後が相場とされています。

一方、ポストが上がってデリヘルの店長ともなれば、月収40~50万円あたりが一般的です。
年収に換算すると、500万円前後を得ることができるわけです。

また、店長の収入は基本的にお店の売上によって変動するもので、たとえば大型グループに属するデリヘルの場合、売上が伸びれば「インセンティブ」としてプラスの収入を得ることができます。

年収500万円以上、1000万円の大台に乗るという方もいます。
・成果を上げればその分だけ収入に反映される
・努力が収入というカタチで現れる
というのがポイントです。

店長ともなれば、店舗運営の重大な責任がありますし、休みも少なくなってしまいがちです。
心身ともに負担は大きく、決してラクに稼げる仕事ではありません。

しかし、そのような努力が売上に反映されれば、その分だけ収入面で返ってくるところが魅力といえます。

>>デリヘルドライバーの給料体系についてはコチラ

デリヘルの店長にはどんな人が向いてる?

デリヘルの店長にはどんな人が向いてる?

デリヘル店長の「適正」とは?

風俗業界でできる限りの高収入を得たい」「そのための努力は何でもする」という上昇志向を持っている方、人とコミュニケーションを取るのが得意な方はデリヘル店長を目指すべきといえます。

店長として活躍するには、お店のキャストやスタッフとコミュニケーションを取り、働きやすい環境、「ここで頑張りたい」と思える環境を作ることが大切です。

コミュニケーション能力やマネジメント(管理)能力を活かしたい方や自信がある方は、デリヘル店長に向いているといえるでしょう。

資格は必要なし!経歴不問!

デリヘル店長になるには、「店長・幹部候補」として入店し、一般の店舗スタッフと一緒に受付や各種の雑務を行いつつ、店長に必要な知識や技術を身につけていく……というのがいちばんの近道です。

ところで、「店長・幹部候補」の求人に応募するためには何か資格や特別な経験が必要なのでしょうか?

結論からいえば、「資格や経験は不問」というのが基本です。

必要な資格といえば運転免許証くらいで(キャストの送迎を担当することがあるため)、そのほかには、上に挙げたようなコミュニケーション能力やマネジメント能力、そして働くスタッフやキャストの立場になって考えられる力、そして店舗のリーダーとしての責任感があれば、未経験でも十分にチャンスをつかむことができます。

ちなみに、野郎WORKは男性求人をメインで紹介していますが、実際にデリヘル店長として活躍している方の中には女性も少なくありません。
資格・経験不問、そして性別にも関わりなくチャンスをつかむことができます。

現役のデリヘル店長に聞いてみた!

現役のデリヘル店長に聞いてみた!

ここでは、実際にデリヘル店長として活躍している方のお話をうかがったので、紹介したいと思います。

Tさん「ガッツリ高収入を目指せるのが魅力です」

デリヘルの店長をやってまるまる1年になりますが、深夜や早朝を含む長時間労働になる日もあって、それはなかなかしんどいと感じます。特に繁忙期はつらいですね。

もちろんたくさんお客様が利用して下さっているということなので、「嬉しい悲鳴」というやつですが(笑)

この仕事のいちばんの魅力は、やっぱりガッツリ稼げることじゃないでしょうか。

僕は受付の電話番から始めたんですが、あの頃に比べたら2倍くらいの稼ぎを得ています。ポストが上がるにつれてもらえる給料の額がどんどん大きくなっていくのは、すごい快感です。

それに、店長に昇りつめたからといって頭打ちになるわけじゃなくて、より稼ごうと思えば努力次第でどんどん稼げるところも魅力的ですね。

○Kさん「責任重大なので大変ですが、やりがいはあります
店長という仕事は、稼ぎは良いですが体力的には結構つらいものがあります。お店の運営はすべて最終的には自分の責任になるので、精神的にもつらいと感じることは多いです。

でも、その分だけ毎日充実しているし、やりがいは大きい仕事だといえます。

長い時間かけてスタッフの子たちと話し合って決めたイベントが成功して売上が上がったりすると、達成感があります。そのおかげで収入が増えると、さらに達成感を感じます(笑)

それから、私はやっぱりデリヘルって働いてくれる子たちがあってのものだと思っているので、彼らや彼女らの待遇に気を配ったり、メンタルの管理をしたりすることを大事にしています。

神経を使いますけど、「このお店で働けてうれしいです」とキャストやスタッフの子に言われることがあって、そのときは「ああ頑張って良かったなあ」と思います。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、デリヘルの店長についてまとめてみました。

責任重大なポストであり、長時間勤務をしなければならないこともあり、キャストやスタッフとのコミュニケーションに気を遣わなければいけなかったり……大変な仕事です。

しかしその一方で、
・頑張った分だけ高収入を得られる
・店長だからこそ感じられるやりがいや達成感を得られる
といったメリットもあります。

「我こそは!」と思う方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

野郎WORKではデリヘルの求人を多数掲載しています。
店長を最短距離で目指せる「店長・幹部候補」に絞って探すこともできるので、ぜひご活用いただければと思います!

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

職種 風俗店 店長・幹部候補の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ガールズバースタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

業界経験者 働くお店選び 食事補助 失敗 ダブルワーク 家庭 幹部候補 交通費 賞与・ボーナス ボーイ・黒服 昇給・昇格 シフト制 福利厚生 週休2日制 学歴・職歴 アルバイト・パート 独立支援制度 正社員 キャスト関連 中・高齢者 寮・社宅 履歴書 業界未経験 服装 社会保険制度 再生 歩合制 グループ店 タブー 早朝・深夜勤務 退職 内勤 クリエイティブ 日払い・週払い 積極採用 道具・備品 資格手当 風営法

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  2. 2
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  3. 3
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープ男性店員って何するの?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープ男性店員って何するの?
  4. 4
    男性デリヘルドライバーのメリット&デメリット
    男性デリヘルドライバーのメリット&デメリット
  5. 5
    ブラック業界!?風俗業界のリアルを徹底解説!【体験談あり】
    ブラック業界!?風俗業界のリアルを徹底解説!【体験談あり】
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  7. 7
    【副業に最適!】キャバクラの送迎ドライバー
    【副業に最適!】キャバクラの送迎ドライバー
  8. 8
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうなっているの?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうな…
  9. 9
    風俗業界、正社員で働く?バイトで働く?各雇用形態のメリット&デメリット
    風俗業界、正社員で働く?バイトで働く?各雇用形態のメリット&デメリット
  10. 10
    風俗男性スタッフの給料システムは?日割り?全額支払い?疑問を解決!
    風俗男性スタッフの給料システムは?日割り?全額支払い?疑問を解決!

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。