風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
職種
風俗店 店長・幹部候補
公開日2021-08-12更新日2022-01-11読了時間約4分20秒by
野郎WORKマガジン編集部
野郎WORKマガジン編集部

【デリヘル開業】風俗店を経営したい方必見!押さえておくべきポイントとは

【デリヘル開業】風俗店を経営したい方必見!押さえておくべきポイントとは

今回は、「風俗店の開業・経営」をテーマにお送りします。お店で働いて高収入を狙うのではなく、自ら風俗の経営者となって大きな稼ぎを得たいと考えている方もいらっしゃると思いますが、まったく経験がない場合、どこから始めたらいいのかわからないはず。

というわけで、今回は風俗店の開業に必要なことや、押さえておきたい経営のノウハウについてまとめてみました。

この記事の目次

風俗店開業=デリヘル開業?経営に必要なこととは

風俗店開業=デリヘル開業?経営に必要なこととは

そもそも2022年現在、「風俗店の開業・経営」は「デリヘルの開業・経営」を意味します。

風俗業界にはソープランドやファッションヘルス、その他さまざまな業種がありますが、ソープやヘルスのような「店舗型」は現在のところ、法律の関係上、新規にオープンすることが難しい業種となっています。

特に、店舗を新たに準備するのはほとんど不可能な状態です。
一方、デリヘルは店舗が不要なので、ソープやヘルスに比べればスムーズに開業できます。

というわけで、今回は特に「デリヘルの開業・経営」についてまとめていきたいと思います。
まずは、デリヘルを開業するために必要なポイントをまとめておきましょう。

届出をすること

デリヘルを開業するためには、風俗店の営業について定めた「風営法」に従って届出を行う必要があります。

開業届出書」をはじめとする必要な書類を揃え、各都道府県の公安委員会に届出を行います。
窓口は警察署であり、書類も警察署に行けばもらうことができます。

届出をしないまま営業を始めると、懲役を含む罰則を受ける可能性があります。

「書類の書き方が分からない」
「どうやって届出を進めればいいか分からない」
という場合は、風俗業界専門でサポートをしてくれる行政書士などに依頼するなどして進めていきましょう。

資金を用意すること

資金を用意すること

「デリヘルは、開業資金が少なくてもオープンできる」と言われていた時期がありました。

具体的には、「500万円程度あれば東京都内でまずまずの規模のデリヘルをオープンできる」などと言われていました。

しかし現在では、店舗数が爆発的に増えていることもあり、1000万円以上の資金が必要であるといわれるようになっています。

広告・宣伝費や軌道に乗るまでの維持費などで、多くの資金が必要となります。

法律を知ること

デリヘルを開業するためには、さまざまな法律上の決まりについて押さえておく必要があります。

上に書いたような「開業の手続き」に加えて、風俗業界の禁止事項についてもあらかじめ押さえておくことが欠かせません。

たとえば、「本番行為」について。
日本では、金銭を介して挿入を伴う本番行為を行うことを法律(売春防止法)で禁止しています。

仮にキャストがこれに違反した場合、事情によってはお店が摘発されることもあります。
そのうえで、経営者が「売春行為のあっせん」という罪で刑事罰の対象になってしまうこともあります。

そうなってしまわないように、
キャストにしっかり指導する
ホームページなどに「本番禁止」の旨をきちんと書く
といった対策を行う必要があります。

人材を確保すること

デリヘルを開業するためには、お店のスタッフやキャストを揃えることが欠かせません。

開業してから集め始めていたのでは、集まるまでの時間が無駄になってしまい、事務所の維持費ばかりが増えてしまうことになるので、事前にスタートしておく必要があります。

最も手っ取り早いのは、「知人をあたること」です。
知り合いに風俗業界で働く人がいる場合は、そのコネを使って集めるとスムーズだと思います。

逆にいえば、風俗業界とのつながりがない場合は、求人広告を出すなどして地道に探すしかありません。しかし、これはすぐには結果が出ない場合もあるので難しいところです。

デリヘル経営のポイント

デリヘル経営のポイント

デリヘルを開業したあと、経営をスムーズに行うためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?簡単にまとめてみました。

Web集客に力を入れること!

Web集客に力を入れること!

デリヘルは店舗がない分だけ、「いかに充実した情報をWebで発信するか」が重要です。

お客様となる男性はWebページを見てお店を選んでいるので、他店に差をつけるようなホームページを制作する必要があります。

ホームページは現在、自力で作ることも可能ですが、やはりプロに依頼するほうが良質なものができるのでおすすめです。

また、お客様向けの情報だけでなく、女性向けの求人情報も積極的に発信していく必要があります。
・ホームページに求人用のページを作る
・複数の求人サイトに広告を出す
といった方法をとるのが一般的です。

「相談先」を押さえておくこと

風俗店の経営では、法律上のことでさまざまな悩みが生まれたり、集客に悩んだりといったことがあるかと思います。

そんなとき、自力で解決しようとするのではなく、「相談先」を持っておくと便利です。

たとえば法律上の悩みに関しては、弁護士や行政書士をはじめとする「法律の専門家」が力になってくれると思います。

特に行政書士は、開業前の届出に関する業務の相談もできるので、開業前からパイプをつないでおくと便利です。

また集客などで悩んでしまうときは、効果的な広告やWebの施策に関する相談ができる広告代理店を「相談先」に選ぶべきといえます。

今ある悩みに対して最適な解決方法を伝授してくれるでしょう。

まずは風俗業界の経験を積むのがおすすめ!

まずは風俗業界の経験を積むのがおすすめ!

いかがでしょうか。

デリヘルを開業するためには資金や人材を集め、必要な法律の知識を押さえ、さらに経営がスタートしたあとはWebに力を入れるなど、風俗業界ならではの取り組みが必要です。

そんな中、何も知らずに始めるより、まずは実際に業界ならではの働き方やルールなどを身につけたうえで始めるほうが、成功率が上がるといえます。

そこでおすすめなのが、まずは風俗店にスタッフとして入店し、経験を積むこと。
特に、「店長・幹部候補」の求人に注目するのがおすすめです。

店長や幹部を経験すると、風俗業界の実情や経営のコツを目の当たりにすることができるでしょう。

風俗業界でコネを作ることができ、実際に自分の店を持つ際にはスムーズに人材を揃えられるというメリットもあります。

また、「独立支援制度」を設けている大手の風俗グループで就職するのもおすすめです。

文字通りスタッフの独立を支援するというものであり、まずはスタッフとして経験を積み、風俗店の経営を学び、ゆくゆくは大手風俗グループのFC(フランチャイズ)店を出すことができます。

人材が揃わない間はグループ店のキャストやスタッフを振り向けてもらえる
資金を援助してもらえる
といったメリットもあります。

まとめ

今回は、風俗店の開業・経営に関するポイントをまとめてみました。

資金は1000万円以上必要
風俗業界にコネがあれば人材が確保しやすい
風営法や売春防止法などの法律に沿った開業・経営が必要
行政書士や広告代理店などの「相談先」を持っておくことがコツ

などが、特に押さえておきたいポイントです。

また、やはり風俗業界で働いた経験がある方、特に店長や幹部の経験がある方は、コネやノウハウも自然に身につくのでスムーズに開業しやすいといえるでしょう。

特におすすめなのは、「店長・幹部候補」として入店し、開業するための知識や経験を積み重ねることです。

野郎WORKでは、各地域の「店長・幹部候補」の求人情報を紹介しています。
ぜひ今回の記事とあわせてチェックしていただければと思います!

>>合わせて読みたい!デリヘル店長の仕事内容とは?どんな人が向いてる?

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

職種 風俗店 店長・幹部候補の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
メンズエステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ガールズバースタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
用語
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄
福岡
兵庫

キーワード

タブー 働くお店選び 学歴・職歴 幹部候補 社会保険制度 寮・社宅 道具・備品 食事補助 再生 独立支援制度 内勤 ダブルワーク 退職 ボーイ・黒服 グループ店 昇給・昇格 早朝・深夜勤務 履歴書 週休2日制 資格手当 シフト制 業界未経験 賞与・ボーナス 歩合制 交通費 家庭 風営法 クリエイティブ 中・高齢者 キャスト関連 業界経験者 服装 積極採用 福利厚生 失敗 日払い・週払い アルバイト・パート 正社員

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
  2. 2
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  3. 3
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
  4. 4
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープランドとは?ソープ男性店員の仕事内容!
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープランドとは?ソープ男性店員の仕…
  5. 5
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
  6. 6
    「キャバクラ」と「クラブ」の違いとは?男性求人の特徴や働き方を解説
    「キャバクラ」と「クラブ」の違いとは?男性求人の特徴や働き方を解説
  7. 7
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
  8. 8
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
  9. 9
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  10. 10
    デリヘルドライバーの面接で必要な書類&押さえておきたい注意点まとめ
    デリヘルドライバーの面接で必要な書類&押さえておきたい注意点まとめ
ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。
(C)2014-2022 男の高収入リクルートサイト 野郎WORK(ヤローワーク)