風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【野郎WORKマガジン】

職種
風俗店 スタッフ
元風俗店幹部 Y.N

【元風俗店幹部Y.N氏が語る】ズバリ風俗業界に向いている人と向いていない人の違い

【元風俗店幹部Y.N氏が語る】ズバリ風俗業界に向いている人と向いていない人の違い

はじめに

一口に風俗業界といってもさまざまな業種がありますし、それぞれのお店にいろいろなお仕事があります。

ですから一概に「こういう人が向いている、こういう人は向いていない」ということを判断することはできませんし、そもそもそれほど重要なことではないと思っています。

ただ、長年この業界に身を置いて面接や新人研修を経験していると、「特に向いている人」「明らかに向いていない人」の特徴は自然とわかるようになりました。

お客様と接するお仕事は総じて接客業といわれているなかで、風俗業も接客業に含まれています。

しかも風俗業の場合、接する相手はお客様だけでなくお店で働く女の子も含まれます。

「接客=お客様の要望を受け止め対応をする」を行う対象がその辺りの飲食業よりも多いわけですので、つまり対人関係を築くのに自信がある人ほど風俗業界は向いているといえます。

基本的な接客などは働きながら先輩スタッフを見本に習得していけばいいとして、はじめのうちは明るく元気に受け答えができれば合格点です。

今回はそういった私の今までの経験からはじきだされた、風俗業界で働くことに向いている人、もしくは向いていない人の特徴をご紹介していきたいと思います。

向いている人の特徴

◯ 自分自身の考えをしっかりと持っている

目標を持って風俗業界でしっかりと働いて給料を稼ごうと考えている人は、お仕事に対しての考え方もしっかりとしています。

早く認められたいという思いから、初めての業務に対しても意欲的に取り組むので早くお仕事を覚えることができます。

周りもその姿勢を評価しますのでお店内での信頼度も高くなり、その結果出世するチャンスに恵まれやすいようです。

◯ 社交性があり人と話すことが好き

さまざまな職業、世代のお客様と一対一で話さなければならないので、その状況を楽しいと思えるということが大切です。

お客様の話を丁寧に聞いて要望を聞き出すことができると、気に入ってもらえる女の子をご紹介しやすく、お客様からの信頼やお店の売り上げに貢献することができます。

また人と話すことが好きな人は、多くのコミュニケーションの中からさまざまな情報を得ることができ、幅広い人間関係を築くことができるのでお仕事においてその分有利といえます。

たとえ社交性に自信がなくても、コミュニケーションをとる相手は従業員や女の子も含めると1日に何十人という人数になりますので、自然と社交性が高まり会話上手になるようです。

◯ チームワークを大切にして協調性を持っている

お店というのはいわばひとつのチームですから、協調性に優れた人材を求めるものです。

なぜならお店では業務を分担して行っているので、各分野のスタッフと早く打ち解けながら協力して円滑にお仕事をこなしていくためです。

チームワークを大切にする人は、例えばお店の売り上げ目標など全員で力を合わせないと達成が難しい課題に、持ち前の力を発揮することができるので重宝されることが多いでしょう。

◯ 頭の回転が速い

相手が何を求めているのか理解する能力に長けているので、相手が伝えたいことをしっかりと把握することができます。

例えばお客様がうまく伝えたいことを言葉にできなかった場合でも、言葉足らずな部分も含めてスピーディーに理解することができます。

そうなるとお客様も勘違いされることがない、自分の言いたいことを汲んでくれる、と安心して話をすることができます。

また、先を予測して反応する能力にも長けています。

これは不測の事態に備えるということにもつながり、リスク回避能力が高いともいえます。

◯ 気持ちの切り替えが早い

お仕事には浮き沈みがあり、調子よく波に乗っているときはいいのですが当然そんな時期は長続きせず、大抵が失敗の連続です。

だからこそ重要視されるのが気持ちの切り替えです。

失敗を引きずってしまい、悶々とした気持ちが後々まで影響を及ぼしてしまうよりも、「今できることをしよう」「失敗は成功のもとなんだ」と気持ちをコントロールできる方が魅力的です。

失敗してしまっても、新たなチャレンジや次のアクションを起こそうとする力は、お仕事に対する集中力を高め成長させてくれることでしょう。

向いていない人の特徴

× 人見知り

ここでいう人見知りというのは、お仕事になってもスイッチが入らず消極姿勢なままの人のことです。

挙動不審であったり、人と話をしているときに視線を合わせられないような人は、お客様に不安感をあたえてしまいます。

面接で落ち着きがなく、面接官と目を合わせることを極端に拒否する態度をとってしまうと、不合格になってしまうかもしれません。

日ごろからそういうことに苦手意識がある人も、お仕事だと割り切って違う自分になれば必然的に変われるはずです。

まずは、聞き手になるときには相手の話をきちんと聞いていると伝わるような、表情や相づちを心がけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

× 上から目線

接客業はあくまでお客様と従業員という関係性があるので、横柄な態度、失礼な物言いなどが面接で垣間見えると、落とされてしまう可能性が高いでしょう。

お客様に無礼な言動をとってしまうとクレーム問題になりかねませんし、お店の信用を一瞬で失墜させかねないからです。

他の従業員が良いお店にしようとどんなに一生懸命働いていても、その努力を踏みにじることになるのです。

普段の振る舞いに心当たりがある人は、面接時の態度や発言には特に注意が必要です。

× 臨機応変に動けない

いつ何時、何が起こるかわからないのが接客業の恐いところであり、おもしろいところです。

どのお店にもルールやマニュアルといった基本的な基盤はあるものですが、それに頼りすぎていると何かが起こったときにどうしてよいかわからなくなってしまいます。

自分で判断することを身に付け、柔軟な発想で対応しなければなりません。

臨機応変に、お客様にとって何が最善かを考える必要があります。

それまでの常識にとらわれず、変化にすばやく対応できてこそ、お客様との信頼関係が築けるというものです。

× 社会人としての一般常識がない

風俗店のお客様はあくまで大人の男性です。

そういったお客様に接客をするお仕事ですので、例えば学生のノリのようなものは通用しません。

それに、そういう接客をするような従業員は上司や同僚から信頼されませんし、大事なお仕事は任されないでしょう。

学生時代なら許されていたことも、社会に出ると「そんなこともわからないのか」と非常識人の烙印を押されてしまいます。

そうならないためにも、必要最低限のビジネスマナーは心得ておいた方がいいでしょう。

× 元気がない

良い接客業のコツというものは、自分がされて嬉しいと感じることをお客様にするということです。

不愛想でボソボソとしゃべるような接客は、誰にとってもきっと気持ちの良いものではありません。

そのような接客は、侮辱されているなどと、お客様に不快感をあたえてしまうこともあるようです。

また、お店の人間関係においても相手に対する敬意や好意が感じられず、職場の環境が悪くなるのは明白です。

元気がある従業員がいるお店は自然と活気が出てきますし、たとえ同性同士であっても笑顔を向けられるのは気持ちのいいものです。

まとめ

今の風俗業界は全体的に人手不足と言われていますので、たとえどんな人でもとりあえずは働きに来てほしい、というウェルカムな状態がお店側の本音です。

つまり応募する立場からすると好都合で、厳しい入店基準を設けている風俗店は少ないようです。

ただし入店ハードルは低めですが、入店後の研修期間の働きようによって評価判断されます。

つまり、研修期間は先輩や上司のアドバイスをよく聞いて、お店にとって必要な人材だと思われるように頑張らなくてはならないということです。

ですが、何もすべてにおいて優秀である必要はありません。

はじめにも言いましたが、風俗店にはさまざまな分野のお仕事があるのです。

たとえばパソコン操作やWebのスキルがイマイチでも、接客スキルがズバ抜けて素晴らしければ、きっと周りから一目置かれることでしょう。

野郎WORKでご紹介しているように、「自分はコレ」という強みを見つけて、まずは自分の得意な分野を伸ばしていってください。

関連する求人情報はこちら

>>【関東エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【東海エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【関西エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【北海道エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【東北エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【北信越エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【中国・四国エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧
>>【九州・沖縄エリア】「風俗ワーク」の求人情報一覧

この記事を書いた人

  • 元風俗店幹部 Y.N[ 担当記事一覧 ]

    大手グループ店の店舗スタッフとして入社。
    のちに統括責任者としてグループの店舗拡大に貢献する。
    風俗業界歴19年。経営側の事情にも詳しい。

関連記事

職種 風俗店 スタッフ の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
転職
疑問・悩み
面接
給料
用語
体験談
独立

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店で働くなら知っておくべき法律・ルールとは?
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店で働…
  2. 2
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  3. 3
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればいいか知っていますか?
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればい…
  4. 4
    マンガとは違う?リアルな風俗業界はこんなところ
    マンガとは違う?リアルな風俗業界はこんな…
  5. 5
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】ズバリ風俗業界に向いている人と向いていない人の違い
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】ズバリ風俗…
  6. 6
    風俗店の男性スタッフの採用基準について
    風俗店の男性スタッフの採用基準について
  7. 7
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれ…
  8. 8
    どこまでならOK?風俗店スタッフとキャストの会話事情
    どこまでならOK?風俗店スタッフとキャス…
  9. 9
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店ス…
  10. 10
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの…

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。