風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【野郎WORKマガジン】

UPDATE
職種
風俗店 スタッフ
野郎WORKマガジン編集部
2018-09-18

「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事

「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事

今回のテーマは、風俗店のスタッフとして働く男性の社会との関わり方。

こんな風に書くと、何だか抽象的で大げさな感じがしますが、ここで取り上げたいのはたとえば以下のようなことです。

「そういえば、スタッフとして採用されたら『職業欄』には何て書けばいいんだろう?」

街頭アンケート、病院の問診票への記入、クレジットカードの申し込み……など、さまざまな場面で「現在の仕事」について明かさなければならない機会があります。

風俗店のスタッフの場合は、 「風俗店員」と書くべきなのでしょうか?
業種について尋ねられた際は 「風俗業」と答えなければならないのでしょうか?

ここでは、風俗店のスタッフで働く人が社会に向かって自己紹介をするとき、どのように表現するのがいいのか提案したいと思います。

「職業に貴賎なし」とは言うものの…

どのような職業も社会にとって必要なものであり、職業によって「尊い」とか「卑しい」というレッテルは貼れない、という考え方は昔からありました。

「職業に貴賎なし」という言葉は、バリバリの身分制度があった江戸時代ですらすでに使われていたそうです。

現在では、もちろん職業によって人が差別されるとか、身分の差が生まれるといったことはありません。 少なくとも、表面的には。

本当の意味で「職業に貴賎なし」の精神が社会の隅々まで行き渡っているのであれば、なぜ風俗業界で働く方が「職業欄」に何と書けばいいのか悩んでしまうのでしょうか。

実際、それこそ江戸時代などと違い、 現代の風俗業界は完全に法律や制度のもとにあります。 本質的には後ろめたい存在ではないし、業界にいるからといって恥ずかしがることはないはずです。

しかし、いかに法のもとにあり、まっとうな存在であったとしても、現在まだまだ人の心は不完全です。
業界で働く方が「何となく」風俗の仕事が恥ずかしくなってしまったり、一般の人たちが「何となく」風俗業界の人に偏見を持ってしまったりするのです。

では、そんな世の中で職業欄に記入しなければならなくなったとき、具体的には何と書けばいいのでしょうか。

業種は「サービス業」





一口に「職業欄」といってもさまざまで、「アルバイト」「会社員」といったことだけを書けばいい場面があります。

この場合、正社員としてスタッフをしている方は「会社員」でいいでしょうし、アルバイトスタッフとして働いている方は「アルバイト」と書けばOKです。

一方、業種名を書かなければいけない場合は、ちょっと迷ってしまうかもしれません。
「農業」「小売業」「金融業」……など、さまざまな業種が世の中にはありますが、まさかこの場合は「風俗業」と書かなければならないのでしょうか。

もちろん、そう書いてしまっては、場所によっては 偏見の目にさらされてしまうことが考えられます。

業種名を明らかにしなければならないとき、 上手な答えは「サービス業」です。
確かに、お客様に対して女性キャストがサービスを提供するのが風俗店であり、お店のスタッフはそのサービスが滞りなく提供できるようにさまざまなお仕事をこなします。

「サービス業」はどこにも角が立たず、しかもごまかしや嘘ではないという理想的な答えなのです。

「店名」ではなく「社名」を書くこと!

勤め先の名前を書かなければならない場合には、どうすればいいのでしょうか。

たとえば、テレビの街頭インタビューなどでは勤め先までは聞かれないでしょうが、 クレジットカードの申し込みをする場合には必ず、勤め先の名前や連絡先を明らかにする必要があります。

この場合は、「サービス業」などでお茶を濁すことはできません。
きちんと偽りなく書かなければいけませんが、やはりちょっとした注意が必要です。

「店名」ではなく、「社名」を書くということです。

風俗店は  個人経営の場合もありますが、母体となる会社がある場合があります
風俗店の名前は、お客様の心をつかみ、期待感を抱かせるようないわゆる「エロい文言」を使ったものとなっていますが、お店の母体になる会社の名前はそうではありません。

そちらの名前を書くことで、クレジットカードの申し込みにしろ、その他の場面にしろ、偏見を持たれることはないでしょう。

恋人・家族に聞かれたら?





実家の家族に、あるいは結婚を視野に入れたお付き合いを始めた恋人に、「仕事は何してるの?」と聞かれたとき……その場合には、どのように答えればいいのでしょうか。
ここで考えられるのは、2つのパターンです。

きちんと説明して正直に言う

街頭アンケートやクレジットカードの申し込みの際に行われるような形式的な質問ではない、「仕事は何してるの?」という質問。これに答えるときには、「サービス業」「社名」だけではなかなか乗り切れません。

「サービス業って具体的には何をするの?」
「●●社って何してるところなの?」

と、さらなる質問に発展することでしょう。

この場合には、思いきって正直に打ち明けてしまうというのも方法のひとつです。
むしろ、特に結婚を視野に入れてお付き合いしている恋人に対しては、曖昧にボカしたりごまかしたりするよりは、 将来のためにもきちんと説明しておいたほうが良いといえます。

ただし、風俗業界に免疫がない女性の場合、ただ「風俗店で働いている」というだけでは言葉足らず。
きちんと以下のような点にふれて理解を求める必要があります。

違法な職業ではない

すでにチラッと書いたように、現在の風俗業界は風営法という法律のもとにあり、お店のあり方は社会的に見てかなり健全なもの。
野郎WORKに求人を掲載している風俗店も、開店に際しては警察署に申請を出し、届出確認書を得ている店舗のみです。 その点をきちんと説明し、「怖い業界ではない」ということを認識してもらうようにするといいでしょう。

将来を考え、高収入を得るためにやっている

風俗業界が働く人たちに約束する「高収入」を強調するというのもアピールポイントのひとつ。
「将来のことを考えて、高収入が得られる職を選んだ」ということを強調することで、聞く人の不安を軽減させることができるでしょう。

また同時に、特に恋人に説明するときには「キャストとの関わりは最小限である」ということを伝えるのもポイントです。
「風俗=女性が多い職場=浮気されるのでは?」という不安を抱く女性も少なくないようですが、風俗店のスタッフはキャストと自由気ままに喋れるわけではない(職場恋愛は厳格に禁じられている)ということを伝え、不安を取り除きましょう。

アリバイ会社を活用する

「両親は頭が固い」
「恋人は潔癖症ぎみ」

という理由で、なかなか正直に伝えられないという方も多いでしょう。
そのような方におすすめなのは、アリバイ会社の活用です。

風俗店が提携するアリバイ会社で名刺や給与明細を発行してもらい、 風俗店で働いていることをバレないようにするという方法があります。

昔は女性キャスト向けに用意されていたものですが、最近では男性スタッフ向けのアリバイ対策を行っている風俗店も少なくありません。


まとめ

いかがでしょうか。
残念なことですが、いまだに「風俗業界で働いている」ということは100%堂々とは言えないことのようです。

しかし、風俗業界にいながらにして上手に社会と関わっていくための方法はあります。
ポイントは以下の3点です。

・「サービス業」で切り抜ける。
・「店名」ではなく「社名」で切り抜ける。
・大事な人にはきちんと説明する。

今まさに「何と名乗っていいか悩んでいる」という方、これから働こうかと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

職種 風俗店 スタッフ の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
採用ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

道具・備品 内勤 家庭 賞与・ボーナス 独立支援制度 グループ店 社会保険制度 歩合制 ダブルワーク 失敗 正社員 キャスト関連 風営法 寮・社宅 タブー 積極採用 再生 服装 週休2日制 退職 働くお店選び クリエイティブ 交通費 日払い・週払い 資格手当 業界経験者 食事補助 履歴書 幹部候補 業界未経験 中・高齢者 昇給・昇格 アルバイト・パート 学歴・職歴 シフト制 早朝・深夜勤務

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  2. 2
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  3. 3
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  4. 4
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
  5. 5
    風俗店の「○○グループ」って何?グループ店のメリット&デメリット
    風俗店の「○○グループ」って何?グループ店のメリット&デメリット
  6. 6
    キャバクラで働く「エスコートスタッフ」の1日
    キャバクラで働く「エスコートスタッフ」の1日
  7. 7
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうなっているの?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうな…
  8. 8
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
  9. 9
    ナイトレジャー業界における『営業』のお仕事とは?
    ナイトレジャー業界における『営業』のお仕事とは?
  10. 10
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。