風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
ノウハウ
お役立ち
野郎WORKマガジン編集部
2019-11-21

働く前に知っておきたい!風俗業界のイメージと実状

働く前に知っておきたい!風俗業界のイメージと実状

どんなお仕事でも、それに対するイメージというものがあると思います。

しかし、イメージ通りというのは稀で、実際にその業界に飛びこんでみて初めてわかることもあります。

よくあるのが「最初に持っていたイメージとまったく違った…」というもの。
風俗業界でも、それは同じです。

これから求人に応募しようとしている方は、本記事を参考に是非現実とイメージとのギャップを縮めていただければと思います。

その1「一般企業よりもテキトーで良いと思っていたのに……実際は全然違った!!」

もはや「あるあるネタ」としては殿堂入りレベルと言ってもいいでしょう。

確かに、風俗業界に対して「テキトーな業界である」という誤ったイメージを抱いている人は少なくありません。

おそらく、自身が風俗店で遊んだ時のイメージ(=高いサービス料が発生するけれども可愛い女の子がたくさんいるハーレム)をそのまま業界全体に当てはめているのでしょうか。

バブリーで享楽的なイメージが先行するのは仕方のないことなのかもしれません。

「どうせいつの時代もお客の数が減ることはない業界だから、お気楽にやっていけるだろう」
そんな軽い気持ちで業界に入ってきて、イメージとのギャップに面食らってしまう男性も多いようです。

確かに、「可愛い女の子」はたくさんいるでしょう。また、「バブリー」なイメージも否定はできません。そして、世の中に「男性」と「女性」という性が存在するかぎり、風俗産業への需要がなくなることはないと考えていいでしょう。

しかし、バブル期ならいざ知らず、「一億総活躍社会」とスローガンを掲げている我が国において、「テキトー」に仕事をして「稼げる」業界はありません。

風俗業界は「稼げる」業界ではありますが、その裏では稼ぐための労を厭わない、勤勉で真面目な一面もあるということを念頭に置いてお仕事探しをしましょう。

その2「大金をラクにソッコーでつかめると思っていたのに……甘かった」



高収入求人でよく見かけるフレーズのひとつに「学歴、職歴一切問いません。無資格でもいきなり高給をゲットできます!」というような文句があります。

その謳い文句通りのイメージを持ったまま風俗業界に飛び込む人はきっとたくさんいることでしょう。

上手く適応できればしめたものですが、中には業界リサーチをすることなく飛びこんでしまったせいで、現実とイメージとのギャップに苦しむケースもあるようです。

確かに、当サイトで紹介している求人情報のように、ギャップがないもしくは少ないお店であるならば、悩むことなく「大金をつかむ」ことができるでしょう。

しかし、一般企業の世界にも「ブラック企業」があるように、風俗業界にも「悪質なお店」があるのは事実です。

例えば、どんなに頑張って働いても、鬼シフトで生活リズムが乱れる、難癖をつけられて給料が減っていく、やたらとシゴキがきつい…など。

「こんなハズじゃなかった…」となる前に、求人特有の謳い文句に惑わされることなく、つぶさに求人情報を確認し、悔いのないように見極める時間をしっかり作りましょう。

また、風俗業界は100%実力主義と言われており、実際に営業やマネジメント能力に長けている人が結果に応じてどんどん偉くなっていく、といったことも往々にしてあるようです。

何か飛び抜けた才能を持っていないといけないわけではありませんが、実力を付けるべくしっかりと努力をする必要はあります。

日々の基本的な業務に励み、勘を鍛え、結果を出すことで、お店は昇給や昇格といった形で応えてくれます。

これから求人に応募する方は、下積みの時期を大事にして、是非とも成功をつかんでください。

その3「正直、風俗嬢とエロいことができると思っていた……」

風俗業界への転身の動機として、「お給料の高さ」でも「経歴不問」の部分でもなく、「風俗嬢とのエロいこと」、つまり「下心」も少なからずあるようです。

しかし、風俗業界は「キャストとの私的な関係」に関しては非常に厳しく考えており、男性スタッフがキャストに手を出すのは「ご法度」です。

これを業界用語で「風紀」と呼ぶようです。

発覚すれば即クビ、さらに罰金を取られるというお店もあります。
とんでもない額の罰金が発生する場合もあり、せっかくの高収入はすべてパーになってしまいます。
一時の性欲ですべてを失ってしまうということも考えられるので、しっかり自制しましょう。

では、なぜお店は「風俗嬢との私的な関係」、つまり男性スタッフとキャストが恋愛関係や肉体関係を持つことを禁止しているのでしょうか。

答えはとてもシンプルです。そういう関係に陥ってしまうと、つけ回しの際などにエコヒイキが生じたり、キャスト同士の人間関係にも悪影響を及ぼしたり…と店舗運営において支障が出てくるからです。

お店によっては、「たとえキャストに話しかけられたとしても、雑談をしてはならない」という決まりを作っているところさえあります。

浮ついたことは考えず、しっかりお仕事をしましょう。

その4「服装は何でも良いと思っていたのに……案外厳しい」



「サラリーマンみたいにスーツを着るのは暑苦しいから」
そのような理由で風俗業界を目指す方もいらっしゃるようです。
確かに、男性向けの風俗求人には「服装自由」というところも少なくありません。

しかし、もちろんすべてのお店が自由な服装で働けるわけではありません。
特に、ソープランドやファッションヘルスのような実店舗を持つ「店舗型」のお店は服装の基準が厳しいところが多いため、ギャップを感じることがあるでしょう。
具体的には、白いワイシャツにネクタイを締め、黒スーツを着て接客するのが基本です。
中でも、大手グループに属するお店や長い歴史を持つ老舗は服装や身だしなみに厳しい傾向にあります。

理由はただひとつ。
店舗型の風俗店では、男性スタッフがじかにお客様と顔を合わせて接客することになるからです。
安心感を与え、信頼感を得ることができるようにするための工夫のひとつといえます。

とはいえ、
「スーツなんて手元にないよ!」
「金欠だし、新品のスーツを揃えるなんて無理!」

そのような方もいらっしゃるかと思います……が、心配は無用です。
お店にもよりますが、スタッフに採用されるとスーツ一式をプレゼントしてくれるというところも見られます。

派遣型は服装自由?

ところで、上のような状況があるとするなら、求人情報によくある「服装自由」とは何なのでしょうか?

結論からいえば、「服装自由」を掲げる風俗店の多くはデリヘルなどの「派遣型」の風俗店です。
デリヘルのスタッフはお客様の電話を受けて指定の場所までキャストを送り出すのが仕事であり、お客様と直接顔を合わせることがありません。そのため、服装は自由とされているわけです。

ちなみに、店舗型でも派遣型でも、お客様の前に出る機会がないWebスタッフなどは、自由な服装で働ける場合もあるようです。
「ファッションにはこだわりがある」
「絶対にネクタイは締めたくない」

という方は、ぜひチェックしてみてください。

その5「言葉遣いなんてテキトーで良いと思っていたけど……違った!」

上にまとめた『その1』に似ていますが、要するに風俗店もまた「接客業」のひとつであり、接客態度や言葉遣いにはしっかり気をつけなければならないということです。
特に、風俗業界は「怪しい」「うさんくさい」というマイナスイメージを持たれがち。
意識が高い優良店ほどその点には敏感で、働くスタッフにはハイレベルな接客スキルを求めます。

接客業では、シンプルで明快な言葉遣いと丁寧さが欠かせません。
まずは笑顔で元気よく、誰が聞いてもハッキリと聞き取れる挨拶を心がけるのが第一歩。
「いらっしゃいませ」の挨拶でお店の印象が決まるケースもあるので、ぜひ心にとめておいてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

マンガや映画などの影響で「風俗業界」のイメージというものがいささか一人歩きしている感は否めません。
しかし、働き先を探す際は特にイメージや謳い文句などをそのまま鵜呑みにしてしまうのではなく、しっかりと調べて後悔のない「稼ぐ生活」を送りたいものですね。

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ お役立ち の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

再生 週休2日制 ダブルワーク 昇給・昇格 資格手当 風営法 退職 日払い・週払い 歩合制 タブー 正社員 幹部候補 寮・社宅 服装 中・高齢者 働くお店選び 社会保険制度 独立支援制度 クリエイティブ 失敗 業界未経験 道具・備品 学歴・職歴 家庭 グループ店 交通費 早朝・深夜勤務 アルバイト・パート 業界経験者 内勤 食事補助 福利厚生 シフト制 履歴書 賞与・ボーナス 積極採用 キャスト関連

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
  2. 2
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  3. 3
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  4. 4
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  5. 5
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
  7. 7
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  8. 8
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
  9. 9
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】気をつけよう!風俗店員の失敗例
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】気をつけよう!風俗店員の失敗例
  10. 10
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務につ…

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。