風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
採用ノウハウ
お役立ち
野郎WORKマガジン編集部
2019-07-11

グローバル時代のナイトワーク!英語ができると面接で有利?

グローバル時代のナイトワーク!英語ができると面接で有利?

今回は、ナイトワークの面接でアピールできる「資格」「経験」について解説したいと思います。
テーマは、 「英語ができると有利」です。

さまざまな分野でグローバル化(国際化)が進んでいる現在。
アメリカやイギリスをはじめとする世界12の国で「第一言語」として使用され、50ヶ国以上で公用語とされている英語を話せることは、特に観光客が多い地域で接客の仕事をするとき、強い武器となります。

風俗店やキャバクラで働くナイトワークもまた、大きくいえば接客業のひとつ。
お店によっては、 英語ができることは強い武器であり、面接の際には英語関係の資格や英語に携わった経験をアピールすることができます。

というわけで今回は、具体的にどんなお店で、どんな資格や経験をアピールできるのか見てみましょう。

増加する「外国人OK」のお店

ナイトワークのグローバル化が進み、英語力を武器にできる「外国人OK」のお店が増えている背景には、「訪日外国人増加」が挙げられます。

特に2010年代、東日本大震災の時期に落ち込んだものの、以後は好調な右肩上がりを見せています。
政府は、史上2回目の東京オリンピックが開催される予定の2020年に観光客数4000万人を目指す、としているようです。

そんな中、特に東京を中心とする首都圏で、また大阪や福岡のような大都市で、少なくない数の風俗店が 「外国人OK」を看板に掲げて営業しています。
デリヘル、ソープランド、性感エステなどさまざまなジャンルの風俗店が、英語や中国語のホームページを開設しています。 特に、海外には類似する風俗業がないソープランドは珍しいということもあって多くの観光客を呼び込んでいるようです。

一方、キャバクラの場合、 外国人をもてなす接待で利用される場合が多いようです。
特に東京の六本木や大阪の北新地のような高級店が多いエリアでは、日本ならではの刺激的でセクシーな“OMOTENASHI”を提供するために、日本人ビジネスマンがお得意様の外国人を連れてくるというケースが見られます。

都市部のお店、特に外国人向けのホームページを持っているソープランドなどの風俗店や高級キャバクラなどでは英語力を活かすことができる、そして面接でアピールできるといえるでしょう。

こんな「資格」or「経験」がある方はアピールすべき!



ここでは上記を踏まえて、実際にナイトワークの面接でアピールできる「資格」「経験」とはどんなものなのか、解説してみたいと思います。

英会話の資格を持っている

「資格」の面でアピールしたいのは、以下のようなもの。英会話をマスターしていることを示す資格です。

英会話検定 日本英会話協会が実施している民間資格(検定)。
その名の通り「英語で会話ができること」を示す資格であり、面接の際にはインパクト大です。
「英語で会話ができる=接客が滞りなくできる」と判断され、採用に向けて大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

ちなみに、実際に外国人客に接する際に役立つのは「3級」以上かと思われます。
聞かれた物事について英語で答えることができ、自分の考えをよどみなくきちんと説明できる能力を持つ人に与えられるのが「英会話検定3級」です。

英語応対能力検定 受験参考書や辞書を数多く出版している旺文社、また毎日新聞社などが共同で実施しています。
「英会話検定」に比べるとややマイナーな印象を持たれがちですが、こちらは「おもてなしの心」を基本とする英会話をマスターする検定で、接客業に特化したものです。

一般会話に比重を置いた「一般試験」のほかに、販売や宿泊、飲食などの「業種別試験」が行われています。後者の試験を受けてパスし、資格を取得しているという方は、面接の際に積極的にアピールすべきといえるでしょう。

観光ホテルで働いていた

この「経験」がある方は、ぜひアピールしてみてください。
そもそも、高いおもてなしの技術を身につける「ホテルマン」の経験を持つ人は、接客業の分野では“ひっぱりだこ”といえます。ナイトワークでもそれは同じです。

特に、海外からの観光客も受け入れる都市部の観光ホテルにつとめていた経験は、今の時代、大きな武器になるといえるでしょう。 英語で接客ができることに加え、外国人客の対応にも慣れていることから、重宝されることでしょう。

英語を手っ取り早く勉強するには?

「英語の資格はないし、英語を話す仕事もしたことがない。でも英語をマスターしてキャリアアップしたい!」
そのような方におすすめの勉強法について、以下にまとめてみました。

接客で使えるフレーズを丸暗記しよう!

結局のところ、たとえば辞書を見ることなくシェイクスピアの原書を完璧に読みこなせるような英語力を身につける必要はありません。
最低限必要なフレーズをいくつか知っておけば、一応の接客は行うことができます。
ネット上には「接客用の英会話」をまとめたWebサイトがあるので、参考にしてみると良いでしょう。
以下、そのようなWebサイトでも目にすることが多い例をいくつか挙げてみます。

“Good evening!” (いらっしゃいませ)

“I can only speak a little English, but please consider me well.” (私は英語が少ししか話せません。そのうえでよろしくお願いします)

“How many people?” (何名様ですか?)

“Please choose from these.” (こちらからお選びください)

“It’s going to be about 10 minutes wait.” (10分ほど待ち時間をいただきます)

“I beg your pardon?” (もう一度おうかがいしてもよろしいでしょうか?)

“Follow me, please.” (こちらにどうぞ)

特に、店舗型の風俗店では、以上のようなフレーズを話すことができれば最低限の受付をこなすことが可能です。

英語を聞く&話す練習をしよう!

英会話において何といってもいちばん大事なのは、しっかり聞いてしっかり話すことです。
リスニング能力を高め、正しい発音で話せるよう練習する必要があります。
そこで活用できるのが、接客用の英会話をまとめた「テキスト付きCD」などの教材です。
風俗店やキャバクラの接客で必要な英会話を収録したCD……は残念ながら存在しないようですが、カフェやレストランなどで使える英会話のCDはテキスト付きで販売されています。

結局のところ、レストランも風俗店も「接客業」という意味では同じです。
たとえば、「レストランでメニューを指して料理を選んでもらう」は、「パネル写真を指してキャストを選んでもらう」に変換することができます。
また、「何名様ですか?」「こちらにどうぞ」などは、レストランでも風俗店でも共通しています。
このように、レストランの接客に使える英語は、風俗店に当てはめることができるわけです。

「接客英会話」を学べるスクールに行こう!

ここまで取り上げてきたのは「自分で英語を学ぶ方法」ですが、絶対に自分で勉強しなければならないわけではありません。英会話スクールを利用して学ぶこともできます。

特におすすめなのは、「接客英会話」に特化したスクールを選ぶことです。
ネイティブの英会話講師が、正しい発音でお客様とコミュニケーションするための会話について実技込みで教えてくれます。
ただし、「1レッスン40~50分で5,000~10,000円」と幅はありますが、料金がかかる点には注意する必要があります。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、持っているとナイトワークの面接で有利な英語関係の資格や経験について解説しました。

・「英会話検定」「英語対応能力検定」を持っている
・海外観光客を受け入れる観光ホテルで働いていた経験がある

このような資格、経験を「アピールポイント」として活かすことができます。
ぜひ参考にしてみてください!


この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

採用ノウハウ お役立ち の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
採用ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

幹部候補 履歴書 内勤 道具・備品 中・高齢者 昇給・昇格 服装 失敗 業界未経験 賞与・ボーナス 週休2日制 資格手当 社会保険制度 退職 寮・社宅 交通費 風営法 食事補助 キャスト関連 学歴・職歴 家庭 ダブルワーク 再生 積極採用 独立支援制度 業界経験者 タブー 歩合制 グループ店 早朝・深夜勤務 働くお店選び クリエイティブ 日払い・週払い 正社員 シフト制 アルバイト・パート

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  2. 2
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  3. 3
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  4. 4
    天神祭を支えるヤローたち!的屋や花火師の仕事について
    天神祭を支えるヤローたち!的屋や花火師の仕事について
  5. 5
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
  7. 7
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  8. 8
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
  9. 9
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
  10. 10
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうなっているの?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店の福利厚生ってぶっちゃけどうな…

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。