風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
ノウハウ
お役立ち
野郎WORKマガジン編集部
2019-08-22

ナイトワーク業界で嫌な上司&面倒な後輩とうまくやっていくコツ

ナイトワーク業界で嫌な上司&面倒な後輩とうまくやっていくコツ

風俗店、キャバクラなどで働くナイトワーク。
ほかの業界と比べて大きく違うのは、「無資格・未経験でも高収入を得られる!」というところです。

去年まではいわゆる「ニート」だったという男性が一念発起した結果、今では同級生の誰よりも稼ぐ高所得者になった。そんな例も少なくありません。

とはいえ、このように書くと特別な業界のように思われるかもしれませんが、日々の仕事が大変だったり職場の人間関係で悩むようなことがあったりする、という点ではほかの業界と変わりません。
嫌な上司がいる、後輩が生意気で面倒……などといった悩みを抱えることもあるでしょう。

そこで今回は、嫌な上司や面倒な後輩と「うまくやっていくためのコツ」をまとめてみたいと思います。

うまくやっていくコツ【嫌な上司編】



・やたら厳しく、褒めることを知らない
・もはやいじめというレベルで部下に冷たく接する


そのような“嫌な上司”たち。彼らがいる職場でうまくやっていくコツとは、どのようなものなのでしょうか。

“可愛い部下”になる

いつでも高圧的で、仕事で成功してもあまり褒めず、ミスには人一倍厳しい……そのような上司がいます。
一緒に仕事をするとストレスばかりが溜まっていく、そんなタイプの上司です。
このような“ひたすら厳しい系”の上司に対しては、機嫌を損ねないように礼儀正しく接し、“可愛い部下”になるというのがコツ。

たとえば、普段からうるさがられない程度に積極的に質問などをして、仕事で成功してお店の売り上げが伸びたというときには「先輩のおかげです!」とおだてます。

上司の態度を軟化させ、ひとまずこっちにストレスがたまらないようにすること。それが大切なところです。

味方を増やしておく

気分次第で周囲を圧迫し、自分勝手な理論で部下を叱責したりして場の空気を悪くする……そんな“理不尽系”の上司に対しては、「一対一でうまくやっていく」のはなかなか大変です。

このような上司がいる職場で心がけるべきなのは、「味方を増やす」ということ。
同じく上司に不満を持っているであろうと思われる同僚や後輩と仲を深め、何かあったらフォローし合えるようにしておくことです。

また、「上司の上司」を味方につけるのは有効といえます。
ナイトワーク業界の基本は厳しいタテ社会。 嫌な上司も、そのまた上司に対しては強く出ることができません。

「もうそろそろ限界」というときは、思いきって味方を集めて上司の上司のもとへ行って相談し、注意してもらうのも有効といえるでしょう。

うまくやっていくコツ【面倒な後輩編】



・ミスをしたときに屁理屈や言い訳ばかりする
・何だかんだと不平不満ばかり口にする


このような“面倒な後輩”たち。彼らとうまくやっていくには、どうすればいいのでしょうか。

距離をとってドライに接する

大小さまざまなミスが多く、問いつめると何だかんだと屁理屈をこねたり、ダラダラと言い訳をしたりする、そのようなタイプの面倒な後輩。

要するに言い訳すれば切り抜けられると思っているわけです。
このような後輩に対しては、以下のようなことを淡々とドライに伝えてみましょう。

-ミスは事実であること。
-今後は同じミスをくり返さないようにすること。
-そのために質問があればきちんと聞くこと。
-重大なミスが続くようであれば、何らかのペナルティを科さなければならない場合もあることなど。


ここが仕事をする場であり、仕事には緊張感をもって臨まなければならないことを理解してもらい、自分は先輩であり上司であって、言い訳を聞く係でもお守り役でもないことを伝えます。

こまめに褒める

特に、いわゆる“ゆとり世代”の若者に多いのでしょうか。ナイトワークの業界に限ったものではありませんが、最近はやたらと細かいことで不平不満を述べたがるタイプの面倒な後輩が目につく、といわれています。
仕事ができないわけではないものの、何だかんだと愚痴っぽいので職場の雰囲気が微妙に悪くなってしまう、そんな後輩です。

このような後輩に対しては、「こまめに褒めてあげること」が大切といえます。
もちろん、調子に乗ってもらっては困るので調整が難しいところではありますが、きちんと褒めてやりがいを持ってもらい、不平不満を述べる暇もないほど仕事に集中してもらう、というのが正しい向き合い方といえるでしょう。

嫌な上司&面倒な後輩を上手くさばいて評価を上げよう!

以上のような対処法は、実際にやってみるとなるとなかなか大変です。
たとえば、嫌な上司に対処するために周りに声をかけて味方を作るのは時間がかかります。
あるいは、後輩に言うべきことを言うには、彼らとしっかり向き合って言葉を選び、ある程度のストレスに耐える必要があります。

しかし、嫌な上司や面倒な後輩を上手くさばくことに成功できれば、「自分の評価を上げる」ということにもつながります。評価が上がれば上層部の覚えもめでたくなり、出世街道に乗りやすくなります。
嫌な上司や面倒な後輩と対峙するのは確かに「大変なこと」ではありますが、それをしっかり乗り越えれば、昇進・昇給のチャンスをつかむことができます。

同僚からの評価が上がる!

何かあると理不尽に怒りを爆発させ、職場の雰囲気を悪くしてしまう“理不尽系”の嫌な上司。
「このままではみんなのモチベーションが下がってお店の業績も下がってしまう」ということで味方を集め、「上司の上司」に相談して注意してもらう。
そんな対処法を紹介しましたが、率先してみんなを引っ張って行動を起こしたあなたは、同僚からの高い評価を得ることができます。

また、頻繁に言い訳をしたり不平不満を漏らしたりして職場のみんなをイラつかせる面倒な後輩を上手くさばき、職場の雰囲気を向上させることに成功できれば、同じく同僚から感謝され、高い評価を得ることができます。
「頼りになるやつ」ということでみんなの信頼をつかみ、困ったことが起きたときには逆にサポートしてもらうこともできるでしょう。

上層部からの評価が上がる!

・職場の雰囲気を悪くする上司について、きちんと「上司の上司」に相談する
・面倒な後輩を手なずけ、屁理屈をこねたり不平不満を言ったりしない「良い後輩」に更生させる


このような成果を上げれば、「職場のモチベーション向上に寄与した」ということで上層部からの高い評価も得ることができます。
たとえば、あなたが風俗店の店舗スタッフである場合、「お店のことをしっかり考えているスタッフだからお店の管理を担当するポストに引き上げよう」という動きが生まれる可能性があります。

ナイトワーク業界で「管理を担当するポスト」としては、「マネージャー」「副店長」といった職種が挙げられます。一般の店舗スタッフよりは仕事が大変になりますが、その分だけ給与は上がり、さらなる高収入を得ることが可能です。

嫌な上司&面倒な後輩にならないためには?



ここまで、「嫌な上司」「面倒な後輩」に対処するための方法についてまとめてきました。
彼らに立ち向かうのは大変ですが、しっかり対処できればあなたの評価も上がります。

ところで、あなた自身はいかがでしょうか。
今、部下を抱えているあなた。「嫌な上司」になってはいないでしょうか。
あるいは、入店したてで先輩や上司に囲まれているあなた。「面倒な後輩」と思われてはいないでしょうか。
すでに見てきたように、「嫌な上司」「面倒な後輩」は厄介な存在として社内や店内で敬遠されます。
上層部のウケも良くないので、「出世しづらい=高収入が得られない」ということにもなりかねません。

というわけで、ここでは「良い上司」「良い後輩」のポイントをまとめてみました。

「良い上司」は正しいマネジメント術を心得ている

部下が嫌うのは、たとえば「ひたすら厳しいだけの上司」です。
ライオンの親を見習い、強くなってもらうためにあえて谷底に突き落としているつもりかもしれませんが、私たちがライオンでない以上、これは逆効果です。
ただでさえ仕事に追われる部下たちにとっては、「嫌な上司」でしかありません。
「仕事が忙しい」ということに加えて「嫌な上司がいる」となれば、職場に対する愛情は薄れ、結果的に仕事にも身が入らなくなります。

もちろん、部下を甘やかす必要はありません。
時には厳しく指導したり、叱責したりしなければならない場面もあるでしょう。
しかし、何ごともメリハリが大切です。
普段は仕事に励む部下をあたたかく見守り、丁寧に指導することを心がけましょう。

なお、野郎WORKマガジンでは『部下の育成&マネジメント術』についてまとめた記事を掲載しています。

・頭ごなしに叱らず、丁寧に指導する
・思いついたままに仕事を振らず、適材適所を心がける
・目標は具体的に。達成のために必要なことを押さえる


といったポイントについて解説しています。
ぜひこちらもチェックしてみていただければと思います。

「良い部下」は言い訳をしない

先輩や上司に「こいつ面倒なやつだな」と思われるのは、「言い訳ばかりの部下」です。
たとえば、何かミスをして先輩や上司に指摘されたとき、「申し訳ありません」より先に言い訳が口をついて出てしまうというのは、よくありません。

そもそも言い訳は、無駄な時間しか生みません。
聞かされているほうはイライラしてしまいますし、言い訳を口にしている本人としても何とか無理やり屁理屈をこねなければならないので精神的につらいでしょう。
結果的に、「こいつと喋っていても無駄な時間を過ごすだけだ」と思われ、「面倒な後輩」というレッテルを貼られてしまうことになってしまいます。
「言い訳グセ」が付いている方は、「ミスをしたときはまず頭を下げること」を心がけましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
いろんな人と一緒に働くということは実に大変です。

しかし、人付き合いのコツをつかみ、上司や後輩とうまくやっていくことができるようになれば、大変な仕事もよりやりがいを持って進められるようになるでしょう。
また、同量や上層部から高い評価を得ることで、昇給・昇進も狙うことができます。

ぜひ今回の記事を参考に、頑張ってみていただければと思います!

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ お役立ち の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

クリエイティブ 学歴・職歴 歩合制 積極採用 賞与・ボーナス 内勤 シフト制 昇給・昇格 タブー 業界未経験 家庭 資格手当 ダブルワーク 業界経験者 履歴書 道具・備品 社会保険制度 再生 食事補助 日払い・週払い 幹部候補 退職 週休2日制 失敗 キャスト関連 正社員 グループ店 アルバイト・パート 風営法 独立支援制度 早朝・深夜勤務 服装 中・高齢者 交通費 寮・社宅 働くお店選び

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  2. 2
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  3. 3
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
  4. 4
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  5. 5
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  7. 7
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】辞めるときこそ円満であれ
  8. 8
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務につ…
  9. 9
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればいいか知っていますか?
    風俗店員が風俗遊びをする時、どうすればいいか知っていますか?
  10. 10
    副業に最適!キャバクラの送迎ドライバー
    副業に最適!キャバクラの送迎ドライバー

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。