風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
ノウハウ
お役立ち
公開日2018-08-22更新日2020-03-19by
野郎WORKマガジン編集部
野郎WORKマガジン編集部

“夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)

“夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)

今回の野郎WORKマガジンは、「副業バイト」としてナイトワークを考えている方に向けてお送りします。本業の会社にバレずに副業する方法とは?風俗店、キャバクラで副業として働きやすい職種とは?本業に支障が出ない働き方とは?それぞれに関してまとめてみました。

目次

なぜ副業がバレてしまうのか?

なぜ副業がバレてしまうのか?

「副業が会社にバレてクビになりそう」
「入った会社が副業禁止なのでつらい」

インターネットでちょっと検索してみただけでも、上のような体験談を大量に見つけることが可能です。

副業をすること自体は決して法律違反ではありません。
しかし現在、多くの会社では就業規則などで副業を禁じています。
副業が察知されると“一発レッドカード”で、懲戒解雇の対象になってしまうケースが少なくありません。

実際にそのような記事を目にして、なかなか副業にチャレンジできない方もいらっしゃるかと思います。
しかし、上手に対処すれば会社にバレることなく副業で稼ぐことは可能です。

副業がバレる理由

そもそも、副業が会社にバレてしまう原因は何なのでしょうか?
最も多いのは、「税金が増えてバレる」というケースです。

たとえば、あなたがAという会社で働きつつBというお店で副業している場合、役所は「A社とB店があなたに支払う給料の合計金額=全収入」に見合った税金をあなたに課します。

そのうえで、税金の額を本業のA社に伝えることになります。
結果、普段よりも税金の額が多いということが判明して副業がバレてしまうことになるわけです。

少々込み入っていますが、要するにポイントは「税金の額が会社に知られてしまう」こと。
まずは、この対策をとる必要があるわけです。
どのような方法があるのか、以下にまとめてみたいと思います。

会社にバレないようにする方法

会社にバレないようにする方法

年間所得を「20万円以下」に抑える

税金のうち、特に「所得税」の場合は簡単な方法で対策できます。
その方法とは、年間の所得(経費を抜いた収入)を20万円以下に抑えること。

風俗店やキャバクラで副業する場合、フルタイムで働くスタッフになるわけではないので確定申告を行う(自分で税金の手続きを行う)ことになりますが、年間所得が20万円以下の場合、所得税の申告は不要という通称「20万円ルール」が適用されます。

所得税を支払うための手続きを行う必要はなく、会社にもバレることはないというわけです。

住民税を「普通徴収」で支払う

収入を20万円以下に抑える働き方を心がければ、所得税に足をすくわれる心配はありません…が、働く男性が支払う税金は所得税だけではありません。
仕事をするにあたっては、「住民税」も給料から引かれることになっています。

こちらには、例の「20万円ルール」がないので要注意です。普通に確定申告をするだけでは本業の会社に住民税の請求が行われてしまい、結果的に副業がバレてしまうことになります。

ただし、このような“副業バレ”も適切な対策を講じることで防げます。
その対策とは、確定申告の際に「普通徴収希望」を行うこと。

確定申告の書類には「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という名称のコーナーがあり、「給料から差引き」「自分で納付」を選んでマルをつけるようになっています。

何ともややこしい名称ですが、「給与・公的年金等に係る所得以外の所得」とは、要するに「副業で手にする所得」のこと。「自分で納付」を選ぶのが、「普通徴収希望」です。

副業で得た所得分の住民税を自分で支払うことができる、というのが「普通徴収」のポイントです。
本業の会社に通達されないので、バレることはありません。

一方、「給料から差引き」を選ぶと、通常通り住民税が会社に請求される「特別徴収」となり、“副業バレ”のコースを行くことになります。
確定申告の際には、忘れずに「自分で納付」にマルをつけましょう。

ただし最近では、しっかり念を押したりあとから確認したりしなければ「特別徴収」で手続きを進めてしまう市町村もチラホラ見られるようです(税収を確実に得るための取り組みといわれています)。
窓口でしっかり確認することをおすすめします。

本業に支障が出ない職種&働き方

本業に支障が出ない職種&働き方

副業をするにあたって、「本業に支障が出たら困る」という方は多いかと思います。
本業がおろそかになって評価が下がったり、給料がカットされたりしては、元も子もありません。

というわけで以下、「本業に支障を出さないために選ぶべき職種」についてまとめてみたいと思います。

フーゾクワークのおすすめ職種&働き方

・体力的につらい
・拘束時間が長い


そのような職種を選んでしまうと、翌日に疲労を引きずって本業に支障をきたしてしまう可能性があります。
万全の状態で本業の仕事ができるよう、以下のような職種を選びましょう。

【おすすめ①デリヘル店舗スタッフ】 店舗型の風俗店の場合、受付に立ちっぱなしだったり、待合室やトイレなどをこまめに掃除したりと、体を動かす仕事がたくさんあります。

一方、派遣型のデリヘルの場合、お客様が来店することはないので事務所の清掃は最低限でOK。
また電話受付がメインなので、座ったままで仕事ができます。

「短時間OK」のお店でアルバイトをすれば、体力的につらいということはないでしょう。

【おすすめ②送迎ドライバー】 主に店舗型の風俗店の送迎ドライバーは、副業バイトにおすすめです。

夜遅くまで待機・接客して終電がなくなってしまったキャストを送り届けるのがメインの業務。2~3時間程度の勤務でOKなので、体力的にも時間的にも心身に負担がかかりません。

また、ドライバーは各店舗に複数人いるのが一般的なので、シフトの自由が効きやすいのもポイントです。

上手く出勤日数を調整して、年間所得を押さえることも難しくありません。

カンパイワークのおすすめ職種&働き方

フーゾクワークと同じく、体力的にきつかったり拘束時間が長かったりするような職種はNGです。
副業バイトをする際には、以下のような職種を検討してみましょう。

【おすすめ①キッチンスタッフ】 キャバクラのキッチンで、ドリンクを作ったりフード(お菓子盛り合わせ、フルーツ盛り合わせなど)を作ったりと、お客様の前に出ずに仕事ができる職種です。

お客様と接しない分、気苦労がないので精神的な負担は最小限といえるでしょう。

【おすすめ②送迎ドライバー】 フーゾクワークと同じく、送迎ドライバーもおすすめの職種です。
拘束時間が短く、体力的な負担は最小限。
また、精神的な負担もそれほど大きくありません。

キャバクラでは「マネージャー」以上の役職にない一般のスタッフがキャストと必要以上に関わりを持つことを禁じています(恋愛関係などに発展することを防ぐため)。

逆にいえば、キャストを車で送っている最中に無理やりコミュニケーションを取ろうと考える必要がありません。
「人と接するのが苦手」という方も、ストレスなく仕事をこなすことができるでしょう。

副業バイトは1個に抑えよう!

副業バイトは1個に抑えよう!

「副業は何個くらい掛け持ちできるだろう?」
と考えている方もいるかと思いますが、ナイトワークの場合、理想的なのは「副業1個」です。
「体力的な問題」「会社にバレるリスク」という各ポイントから、その理由をひもといてみましょう。

【理由①】体力的に2個以上は難しい! 何といっても、「2個以上の副業は体力的に厳しい」というのが大きな理由です。

たとえば、あなたは午前9時に会社に出勤し、午後5時に退社するサラリーマンであるとしましょう。
“夜の副業”の開始時刻は、会社で不測の事態が起こることも考えて午後6~7時。

それから2個以上の職場を転々として働くとなると、どうしても体が自由になるのは深夜になります。

そのような日々が続けば睡眠・休養に時間を割くことができず、ストレスや疲労がたまり、本業の仕事にも支障が出てしまうことが考えられます。

また、ここでの前提は「9時-5時」で帰宅できる“ホワイト企業”に勤めるサラリーマンですが、始業時間の前に出勤し、退勤は残業後という日々を送っている方も少なくないでしょう。
そのような方にとって、副業を2個以上こなすことは、体力的により厳しいといえます。

【理由②】2個以上はバレるリスクが高まる! 副業を2個以上こなすということは、それだけ「副業がバレるリスク」も大きくなるということです。

たとえば、あなたが今、副業を2つ掛け持ちしているとしましょう。
そして、副業(1)の年間所得が15万円、副業(2)の年間所得が6万円だったとしましょう。

この場合、副業による所得の合計は21万円となり、所得税の申告をすることが必要となります。
それが原因で、本業の会社に副業がバレてしまうかもしれません。

そのリスクを抑えるためには、常に年間所得を抑えるための計算をすることが欠かせません。
(1)(2)の出勤日数や働く時間を考慮に入れ、年間所得が20万円を超えないように注意する必要があります。

もちろん、計算自体はそれほど難しいものではありません。
しかし、特にナイトワークは繁忙期になると多くの人手を必要とするため、できるだけ多くの日数シフトを入れることを求められます。

その求めに応えていると、当然ながらその分だけ給料額は多くなります。
あらかじめ計算していた以上に給与が増え、年間所得が20万円を超えてしまうことも考えられます。

そのようになることを防ぐためにも、「副業は1個」までにしておいた方が良さそうです。

まとめ

いかがでしょうか。
今回紹介した“副業バレを防ぐ方法”のポイントは以下の通りです。

・年間所得20万円以下になるよう調整しつつ働く
・確定申告で住民税の手続きを行うときは「自分で納付」をチェック
・本業に支障が出ない職種&働き方を選ぶ
・副業は1個のみに抑える


野郎WORKでは、「送迎ドライバー」をはじめ副業に適している職種の求人を多数紹介しています。
お住まいのエリアや職種を絞り込んで効率よく求人をチェックできるので、ぜひご活用ください!

この記事は無理な副業を推奨するものではありません。 副業に関しては、あくまでも自己責任でお願いいたします。


特集『送迎ドライバーの仕事内容と求人情報』
特集『店舗スタッフの仕事内容と求人情報』
特集『カンパイワークの仕事内容と求人情報』



この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ お役立ちの記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

福利厚生 履歴書 道具・備品 学歴・職歴 寮・社宅 再生 食事補助 服装 賞与・ボーナス 退職 家庭 業界未経験 クリエイティブ 資格手当 正社員 歩合制 ダブルワーク 積極採用 働くお店選び グループ店 中・高齢者 週休2日制 早朝・深夜勤務 昇給・昇格 交通費 キャスト関連 アルバイト・パート 風営法 失敗 内勤 日払い・週払い 幹部候補 独立支援制度 タブー 業界経験者 社会保険制度 シフト制

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  2. 2
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  3. 3
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  4. 4
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  5. 5
    ナイトワークで働くなら必ず知っておきたい「源泉徴収」について
    ナイトワークで働くなら必ず知っておきたい「源泉徴収」について
  6. 6
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  7. 7
    【東京編】この街で、風俗の男性スタッフ求人を見つけよう!
    【東京編】この街で、風俗の男性スタッフ求人を見つけよう!
  8. 8
    風俗店の面接でよく聞かれる5つの質問とその対策!
    風俗店の面接でよく聞かれる5つの質問とその対策!
  9. 9
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務につ…
  10. 10
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。