風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
ノウハウ
お役立ち
公開日2021-12-21更新日2022-01-11読了時間約4分20秒by
野郎WORKマガジン編集部
野郎WORKマガジン編集部

風俗産業とは?その市場規模と現在の動向・今後の展望について

風俗産業とは?その市場規模と現在の動向・今後の展望について

今回の野郎WORKマガジンは、やや固いテーマでお送りしたいと思います。テーマは、「風俗産業の現在とこれから」です。風俗産業はその性質上、なかなか世の中のオモテには出てきませんが、実は巨大な市場規模を誇る産業です。

そんな風俗産業の現在の動向とは?そして未来とは?できるだけわかりやすくまとめてみたいと思っているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事の目次

風俗の市場規模は年間5~7兆円?

風俗の市場規模は年間5~7兆円?

これは諸説ありますが、風俗産業の市場規模は「年間5~7兆円」といわれています。「市場規模」というのは、「ある特定の分野で動いたお金の総額」を指します。

風俗産業の場合、1年間に5~7兆円ものお金が動いているということ……つまり、それだけ多くの男性がお店を利用し、お金を使っているということを意味します。

「5~7兆円の市場規模」といわれても、額が大きすぎるのでイマイチ想像ができないかもしれませんが、たとえば2020~2021年にかけての広告産業の市場規模は約7兆3千億円だったとされています。

広告産業といえば、テレビCMやインターネット広告などありとあらゆるところでお目にかかる巨大な産業であるわけですが、風俗産業はそんな広告産業に匹敵する大きな市場規模を持っています。

市場規模は現在も拡大傾向にあり!

市場規模は現在も拡大傾向にあり!

風俗産業がこの地球上から滅びることは、おそらく永遠にないでしょう。
なぜなら、風俗産業は人類が生きる限り捨てられない「性欲」と、密接にかかわる産業だからです。

というわけで、今この瞬間も風俗産業は拡大傾向にあるといえます。

次々と新しいお店がオープンし、新人キャストがデビューを果たし、多くの男性の(あるいは女性の)ユーザーに、性欲を満たす喜びのひとときをもたらしています。

特に増えているのはやっぱりデリヘル!

ところで、風俗業界にはヘルスやソープ、ピンサロ、オナクラ、その他さまざまな業種が存在するわけですが、特に成長の勢いが激しい業種は何かというと、やはり「デリヘル」ということになるでしょう。

理由としては、
風俗ファンから高い支持を得ている業種である
他の業種に比べて開業しやすい業種である
といったことが挙げられます。

たとえば冒頭のほうに紹介した「市場規模」を細かく業種別に見てみると、
【デリヘル】2兆5000億円
【ソープランド】9800億円
【ファッションヘルス】6700億円
といった感じになっているとされています。

これを見ても分かるように、風俗産業の中でも特にデリヘルは突出して市場規模が大きく、多くのお客様に支持されています。

デリヘルが特に高い支持を得ているのは、「気軽に利用できるから」というのが大きな理由だと思われます。

デリヘルは電話1本で自宅やホテルにキャストを呼ぶことができる業種であり、
わざわざ外出する必要がない
歓楽街に行くことなく風俗を利用できる
というメリットがあります。

外出の準備が面倒なときも気軽に利用できますし、「歓楽街の雰囲気が苦手」という方もストレスなく風俗のサービスを楽しむことができます。

また、近年は法律の関係もあって店舗型の風俗店を新規オープンするのはかなり難しいといわれていますが、デリヘルなどの無店舗型の風俗店は新規オープンがしやすい業種となっています。

店舗を準備する必要がなく、事務所を用意して必要な届出をすれば開業することが可能であり、電話やホームページ、そしてキャストが揃えば営業することが可能となります。

店舗型風俗店も根強い人気を誇る

デリヘルに比べれば市場規模はやや下がるものの、ソープランドやファッションヘルスといった店舗型の風俗店も、根強い人気を誇っています。

店舗型の風俗店は、長期間にわたって営業している老舗が多いというのがポイントです。

老舗は知名度が高いので、昔ながらの常連客が定期的に利用しているほか、風俗で初めて遊ぶという方にも選ばれやすいという特徴があります。

もはや「風俗=アンダーグラウンド」ではない

もはや「風俗=アンダーグラウンド」ではない

風俗産業は現在、限りなく一般の業界に近づいていると考えられます。

冒頭のほうで取り上げたように、風俗業界は市場規模が5~7兆円にものぼる巨大な産業であり、さらに拡大傾向にあります。特に、開業しやすくお客様からの人気も高いデリヘルは数多くの新規店が続々と営業を開始している状況にあります。

とはいえ、新規オープンを果たしたデリヘルのすべてが軌道に乗り、長きに渡って多くのお客様に愛されている……というわけではありません。

数が多いだけに、各店が生き残りをかけてしのぎを削っており、サービス内容に独自の工夫を設けたり価格競争を繰り広げたりしています。

そんな中、お客様に支持を得られないままつぶれてしまうお店は少なくありません。実際のところ、1~2年ほどで閉店してしまうデリヘルが数多く見られます。

熾烈な競争を制して生き残っているお店は、いずれも一般企業に近い感覚を持っているところばかりです。

どの地域でも法人経営の大型グループ店が生き残っているという点を見ても、それは明らかでしょう。

要するに、従来の狭い業界内のルールに縛れることなく、一般企業が持っているような常識やルールのもとで営業しているお店が強いということなのです。

今や、デリヘルをはじめとする風俗産業は、決して「アンダーグラウンドな業界」に属するものではないといえるでしょう。

今こそ「異業種からの転職者」が求められている!

今こそ「異業種からの転職者」が求められている!

風俗産業が一般の業界に近づいていると考えられる今こそ、まさに異業種で経験を積んできた転職者が求められる状況にあるといえるでしょう。

一般企業で働いた経験を持ち、一般的なビジネス感覚を持った男性こそが、市場規模が拡大を続けているこれからの風俗産業で活躍していくポテンシャルを秘めているといえるわけです。

異業種から風俗業界への転職を考えるとき、「これまで無関係な業界で生きてきた自分が、風俗の世界で活躍できるだろうか?」と不安になることがあると思います。

しかし、一口に「風俗業界の仕事」といっても職種はさまざまです。
Webデザイナー
Webエンジニア
事務スタッフ
など、内勤スタッフの求人は多く見られます。

これらの職種であれば、Web業界で働いてきた経験や、事務関係のサラリーマンとして働いてきた経験を活かすことができるでしょう。

また、今の時代なら「店長・幹部候補」にチャレンジしてみるのもおすすめです。

すでに紹介したように、今や風俗産業は一般の業界に近づいているわけですから、経営にタッチする店長・幹部候補として、一般企業の経験者を迎えることに積極的なお店も多いと考えられます。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、風俗産業の現在の動向やこれからのことについてまとめてみました。

現在のところ、風俗産業は市場規模が5兆円とも7兆円ともいわれる巨大産業のひとつであり、さらなる拡大傾向にあります。

特に、派遣型のデリヘルは店舗数がどんどん増えている状況です。そんな中、今や風俗産業は一般の業界に近づいている状況にあると考えられます。

そして現在も、そして将来的にも、異業種からの転職者は歓迎されるようになると思われます。

異業種で活躍してきた方、特に一般企業で働いた経験がある方が活躍できる職種としては、「Web関係のスタッフ」や「事務関係のスタッフ」が挙げられます。

野郎WORKでは、それらの職種の求人を積極的に行っているお店も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

>>【合わせて読みたい!】「ブラック業界!?風俗業界のリアルを徹底解説!」
>>【合わせて読みたい】2022年の風俗業界!男性スタッフの仕事・給料事情まとめ

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ お役立ちの記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
メンズエステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ガールズバースタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
用語
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄
福岡
兵庫

キーワード

ボーイ・黒服 再生 賞与・ボーナス 昇給・昇格 日払い・週払い シフト制 履歴書 グループ店 業界未経験 寮・社宅 服装 風営法 福利厚生 アルバイト・パート 業界経験者 働くお店選び 内勤 ダブルワーク 交通費 積極採用 キャスト関連 食事補助 早朝・深夜勤務 社会保険制度 独立支援制度 中・高齢者 資格手当 タブー 家庭 週休2日制 失敗 学歴・職歴 幹部候補 道具・備品 歩合制 退職 正社員 クリエイティブ

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
  2. 2
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  3. 3
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
  4. 4
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープランドとは?ソープ男性店員の仕事内容!
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】ソープランドとは?ソープ男性店員の仕…
  5. 5
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
  6. 6
    「キャバクラ」と「クラブ」の違いとは?男性求人の特徴や働き方を解説
    「キャバクラ」と「クラブ」の違いとは?男性求人の特徴や働き方を解説
  7. 7
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
  8. 8
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
  9. 9
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  10. 10
    デリヘルドライバーの面接で必要な書類&押さえておきたい注意点まとめ
    デリヘルドライバーの面接で必要な書類&押さえておきたい注意点まとめ
ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。
(C)2014-2022 男の高収入リクルートサイト 野郎WORK(ヤローワーク)