風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

UPDATE
ノウハウ
面接
野郎WORKマガジン編集部
2020-01-09

風俗店スタッフの面接あるある「こちらからの質問はどこまでOK?」

風俗店スタッフの面接あるある「こちらからの質問はどこまでOK?」

風俗業界もそのほかの業界と同じく、面接の結果次第で働けるかどうかが決まります。

しかし、「風俗業界」は特殊な業界。そのため、ほかの業界で面接を受けるときと違う、特別な心構えが必要なのではないか、と考える方が多いようです。

たとえば面接の最後は、面接担当のスタッフが回答者になる「質疑応答」が行われるのが一般的です。

働くにあたって聞いておきたいこと、確かめておきたいことを質問できる時間です。

風俗店の面接でも一般企業での面接と同じく、この「質疑応答」の時間が最後に設けられます。

「一般企業で質問するようなことを聞いてもいいの?」
「どんな態度で、どこまで聞いても大丈夫なの?」


初めての経験ゆえにわからない、という方も多いかと思います。

今回はそのような方のために、風俗店の面接での上手な聞き方について取り上げます。

面接で聞きたいことは細かく聞くべき?控えるべき?

面接で聞きたいことは細かく聞くべき?控えるべき?

面接の最後の「質疑応答」、ここで取るべき「態度」についてお悩みの方が多いと思います。

特に質問事項が多い場合には、

「根掘り葉掘り聞いてもいいの?」
「あんまり細かく、しつこく聞きすぎて怖い人が出てきたらどうしよう」


このようなことを考えて不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

では、実際そのあたりはどうなのでしょうか。

礼儀正しく質問しましょう

質問事項がたくさんある、ということは決して悪いことではありません。

むしろ、面接の場面でたくさん質問してくれる人に対して、風俗店では意欲の高さを感じ取ってくれるでしょう。

少なくとも、「どうでもいいけどお金が欲しいから採用して」という態度をとるより、はるかに良い姿勢だといえます。

ただし、たくさんの質問で好印象を持ってもらうには、礼儀正しく聞くことが大事です。

「足を広げて椅子に座る」「タメ口をきく」などは、もちろんNGです。

ゆっくりと、ハキハキと声を出し、きちんと敬語を使って話すことが大切です。

「怖い人」は出てきません!

「怖い人」は出てきません!

たとえ、認識が足りなくて少々無礼なことを聞いてしまったり、あるいは1、2点ではなくたくさんの質問をしてしまったりしたとしても、いわゆる「怖い人」は出てきません。

今から何十年も昔、そのような人が業界に関わっていたケースがあったかもしれません。

しかし現代においては、少なくとも野郎WORKが求人を紹介しているお店で、「怖い人」が関わることはありません。

無礼がないように努め、緊張感を持って面接に臨むことは大切です。

しかし、「怖い人」をおそれて口をつぐむ必要はないのです。

風俗店の給与、福利厚生、待遇を詳しく知りたい!…けど、聞いてもいいの?

風俗店の給与、福利厚生、待遇を詳しく知りたい!…けど、聞いてもいいの?

風俗店の求人情報には、「月給25万円」をはじめ、「社会保険あり」「寮・社宅完備」、また「社員旅行」など魅力的な文言が多く載っています。

ぜひ詳しく聞いてみたいところだと思いますが、一方で以下のように考えてしまう方もいらっしゃるようです。

「自分の権利とか、自分にとって得な話についてばかり質問すると、相手が気を悪くしてしまうのでは?」

実際のところはどうなのでしょうか。

どんどん聞いてOK!

お店のほうも、頑張って働いてくれる方には良い待遇で働いてもらいたいと考えているものです。

むしろ聞いてもらって、しっかり説明したいと考えていることでしょう。

あなたが良い職場を欲しているのと同じように、お店側も良い働き手を欲しています。

お店が提示する待遇は、いわばお店からあなたへの「自己アピール」です。

それをお店のスタッフが説明できる機会として、「質疑応答」の時間はあるのです。

やる気をアピールすること

とはいえ、「やっぱりお得なことや楽しいことばかり聞くのは、あつかましいような気がする」と感じる方もいらっしゃると思います。

そのような方は、待遇についてどんどん聞きつつ、「これだけのことをしていただけるからには、やる気をもって働きます!」という姿勢を見せることを心がけてはいかがでしょうか。

「相手から受け取れるもの」についてばかり言うのではなく、「こちらから差し出せるもの」についても言及することによって、よりフェアな感じで気軽に質問できるでしょう。

何を聞けばいい?上手な質問例を紹介

何を聞けばいい?上手な質問例を紹介

実際のところ、どんな質問をすれば面接担当のスタッフに良い印象を持ってもらうことができるでしょうか?
ここでは、その例をいくつか挙げてみたいと思います。

好印象を与える質問例

こちらで紹介するのは、やる気を伝えつつ職場環境も知ることができる質問例です。

どんなスキルを身につけたら役立つ人材になれますか? 「働きつつ、しっかり知識や技術を学びたい」
「お店に役立つ人になりたい」
という思いを伝えることができます。
面接担当のスタッフに、「向上心がある」という印象を与えることができるでしょう。

「私は○○の経験・資格がありますが、御社で活躍するためには、ほかにどのようなスキルを身につける必要があると考えられますか?」
このように、さりげなく自己アピールを交えてみるのもおすすめです。

働くときに覚悟しておいたほうがいいというポイントはありますか? すでに実際に働き始めたときのことを考えて覚悟を決めている、そんな「やる気のある人材」であるという印象を抱かせることができる質問です。

さりげなく職場を探る!上手な聞き方



給与や労働時間について知りたい、でもあからさまに聞くのは失礼な気がする……。
そんなときには、以下のような内容で質問してみることをおすすめします。

同世代のスタッフさんの平均収入はどれくらいですか? 具体的な給与について知りたいとき、おすすめの聞き方がこちらです。
「どれくらい稼げますか?」と単刀直入にズバリ聞くよりも、印象が和らぎます。

同世代のスタッフさんは1日どんなスケジュールで働いてますか? 1日の労働時間について知りたいときには、「何時間働いていますか」ではなく、「どんなスケジュールで働いていますか」と質問するのがベターです。
「具体的な仕事の内容や進め方に興味がある=やる気がある」という印象を与えられますし、スケジュールを説明する中で自然に労働時間も答えてもらえるので、知りたい情報をしっかり得られます。

何も聞くことがないときの上手な答え方

何も聞くことがないときの上手な答え方

面接で十分に説明してもらった。給料も福利厚生も、労働時間も大体のみこめた……そんなとき、無理に質問をひねり出す必要はありません。
「別に知りたくもないのに無理に聞こうとしてるな」と、良くない印象を与えてしまう可能性があります。

このような場合は、「質問はありません」と答えて大丈夫です。
ただし、答え方には注意する必要があります。
「何か聞いておきたいことなどはありますか?」
「いえ、特にないです」
とバッサリ切り捨てるような答え方をしてしまうと、場の空気が悪くなってしまう可能性があります。

ここは、感謝の意を告げつつ良い面接だったことを伝え、気持ちよく締めくくりましょう。
たとえば、
「十分に納得することができました。ありがとうございました。ぜひご縁をいただきたいと思います」
このように答えることで、好印象を与えることができます。

まとめ

いかがでしょうか。面接の上手な聞き方について説明しました。

・礼儀正しくすること。
・やる気を見せること。


これを心がけて向き合う限り、どんどん気になることを質問して大丈夫です。
良い職場を見つけるために、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ 面接 の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
エステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ノウハウ
お役立ち
面接
給料
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
京都・滋賀
愛知
北海道
東北
九州・沖縄

キーワード

クリエイティブ 履歴書 幹部候補 正社員 寮・社宅 失敗 日払い・週払い 服装 賞与・ボーナス 中・高齢者 退職 食事補助 交通費 風営法 歩合制 業界未経験 積極採用 内勤 キャスト関連 アルバイト・パート グループ店 ダブルワーク 学歴・職歴 早朝・深夜勤務 業界経験者 再生 シフト制 週休2日制 福利厚生 家庭 独立支援制度 昇給・昇格 社会保険制度 働くお店選び 資格手当 道具・備品 タブー

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】こんなデリヘルドライバーが欲しい!
  2. 2
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当にあるのか?その結果は?
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】風俗店スタッフと風俗嬢の恋愛は本当に…
  3. 3
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く方法(※自己責任)
    “夜の副業”がしたい方、必見!風俗店やキャバクラで会社にバレずに働く…
  4. 4
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗業界の未来と男性スタッフの業務につ…
  5. 5
    デリヘルドライバーの一日の流れ
    デリヘルドライバーの一日の流れ
  6. 6
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  7. 7
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
    【元風俗店幹部Y.N氏が教える】私が風俗店の店長になるためにしたこと
  8. 8
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)
    送迎ドライバーのサボり方!上手に楽しく仕事をしましょう(※自己責任)
  9. 9
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
  10. 10
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について
    【元風俗店幹部Y.N氏が語る】風俗店男性スタッフの家庭・結婚について

月別アーカイブ

ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。