風俗・キャバクラなどのナイトワークに役立つノウハウや情報&裏話なら【高収入求人の野郎WORKマガジン】

ノウハウ
応募・面接
公開日2022-04-14読了時間約5分by
野郎WORKマガジン編集部
野郎WORKマガジン編集部

キャバクラボーイ(黒服)の面接対策まとめ!面接の流れ・受かるためのコツを解説します

キャバクラボーイ(黒服)の面接対策まとめ!面接の流れ・受かるためのコツを解説します

今回は、キャバクラでボーイ(黒服)として働きたい方向けに、「面接対策」をテーマにお送りします。キャバクラのボーイとして働くためには志望するお店で面接を受けてパスする必要がありますが、面接の流れとはどのようなものなのでしょうか。また、面接を受けるにあたって気をつけるべきこととは?気になるポイントについてまとめてみました。

この記事の目次

キャバクラボーイの面接の流れ

キャバクラボーイの面接の流れ

「ここで働きたい」というお店を見つけたら、電話や求人サイトの応募フォームなどを使って連絡し、面接の日にちや時間を調整します。

そして当日は、必要な物を持って指定された場所に向かいます。

必要な物としては、
身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
履歴書(なくてもOKというお店もあります)
などが挙げられます。

そして指定された場所で面接担当者と顔を合わせたら、面接がスタートします。その後、面接は以下のような流れで進行していくことになります。

年齢確認

キャバクラボーイの仕事ができるのは、18歳以上(高校生不可)の男性です。

これは法律(風営法)で定められていることであり、18歳未満のスタッフを雇っていたことが発覚した場合はお店が摘発される可能性があります。

というわけで、面接の際に必ず「年齢確認」が行われます。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、顔写真付きで生年月日を確認できるものが理想です。

年齢確認を行わないお店は、法律を守るつもりがない「ブラック店」の可能性があります。違法な行為をさせられたり、劣悪な労働環境で働かされたりするおそれがあるので要注意です。

面接担当者からの質問

年齢確認ができたら、いよいよ具体的な話に入っていきます。
基本的には、「面接担当者が行う質問に答える」というのが面接の内容です。

詳しくは『面接でよく聞かれることとは?』というところで解説しますが、志望動機やナイトレジャーで働いた経験の有無などを聞かれることになります。

自分をよく見せるためにウソを言っても(たとえば未経験なのに「経験はあります」と言うなど)、のちのちバレることが多いので正直に答えましょう。

求職者からの逆質問

面接担当者が確認したいことを聞き終わったあとは、「ではそちらから聞きたいことはありませんか?」と逆質問をされることになります。

「ありません」と答えたほうが楽ですし、「面倒な質問をするやつと思われるのでは?」と不安になるかもしれませんが、キャバクラで働くにあたってはいくつか確認しておくべきことがあります。

詳しくは『逆質問で確認しておきたいこととは?』というところで解説しますが、きちんと聞くべきことは聞くことを心がけましょう。

面接でよく聞かれることとは?

面接でよく聞かれることとは?

面接では担当者がさまざまな質問をしますが、ここでは「よくある質問」をまとめてみました。

それぞれどんなふうに答えるのが望ましいのかということもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

「何でキャバクラのボーイをやろうと思ったの?」

キャバクラなどのナイトレジャーに限らず、どんな業界でもそうですが、「志望動機」は必ず聞かれる質問のひとつです。定番の質問なので、聞かれたらスムーズに答えましょう。

聞かれてから「えーと……」などと答えを考えているようでは、「当然されるはずの質問に対する答えを用意していない人」という悪い印象を持たれてしまいます。

内容としては、
「たくさん稼ぎたいから」
「家から通いやすかったから」
など正直に答えてOKです。

ただし、正直に答えつつ「こいつは見どころがある」「やる気が感じられる」と思わせることが大切です。

たとえば単に「たくさん稼ぎたいから」というよりも、
将来、独立するための資金を貯めたい
大学で学びたいので学費を貯めたい
といった理由を付け加えることで、より説得力を持たせることができます。

「キャバクラで働いた経験はある?」

こちらも必ず聞かれる質問のひとつであり、やはり正直に答えるのが望ましいといえるでしょう。

キャバクラでは、「未経験者だから不合格にする」ということはありません。やる気が感じられる人であれば、採用のチャンスは十分にあります。

単に「未経験です」と伝えるよりも、
飲食店でバイトをしたことがあるので接客のノウハウは分かる
ナイトレジャーの業界は初めてだが少しでも早く仕事を覚えたいと思っている

など、お店で活かせる経験があることや高い意識を持っていることなどを伝えると、より採用の可能性が高まります。

逆質問で確認しておきたいこととは?

逆質問で確認しておきたいこととは?

面接の後半には、こちらからお店側に質問できる「逆質問」の時間が設けられます。

すでに書いたように、
「こっちから質問するのは恥ずかしい」
「図々しく質問などしたら不快に思われるのでは」
などと思うかもしれませんが、聞くべきことはきちんと聞いて確認しておきましょう。

具体的には、
スカウトや客引き行為の有無
罰金制度の有無
などはぜひ聞いておきたいところです。

キャバクラの中には、スタッフが街に出て呼び込みをしたり、女性に声をかけて「キャストにならない?」とスカウトしたり……というところも見られますが、都市部を中心に、このような行為は条例で禁じられています。

禁止されているにもかかわらずそのような行為をスタッフにやらせるお店は、「違法店」「ブラック店」の可能性があるので要注意です。

また、キャバクラの業界では「罰金制度」を設けているところが少なからず見られます。
遅刻や無断欠勤をしたら罰金
キャストと恋愛関係になったら罰金
などお店が定めるルールに違反した場合に罰金が発生します。

罰金制度はそもそも存在するのか、どのくらいの金額を取られることになるのかなど、あらかじめ確認しておきましょう。

面接で好印象を持ってもらうためのポイント

面接で好印象を持ってもらうためのポイント

よく聞かれる質問への答えを用意し、逆質問の項目も押さえたら、いよいよ面接にチャレンジしましょう。ここでは、実際の面接の際、面接担当者に好印象を持ってもらうためのポイントをまとめてみました。

笑顔を心がける

キャバクラボーイの仕事は、キャストを支え、お客様に楽しい時間を提供するためのお手伝いをすることです。

いったん採用となればお客様の前に出ることになりますし、キャストと関わる機会も少なくありません。

そんな中、表情が暗いボーイがいるとどうでしょうか?
キャストのテンションは落ちてしまうでしょうし、お客様も盛り下がってしまうでしょう。

というわけで、お店では明るい雰囲気の男性を優先的に採用する傾向にあります。

面接の際は笑顔を心がけ、自分がボーイに向いていることをアピールしましょう。ヘラヘラした感じの笑顔ではなく、明るく爽やかな感じをイメージするのがコツです。

礼儀正しく振る舞う

キャバクラをはじめとするナイトレジャーの業界について、「ゆるい」「テキトーでも良い」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

面接の際も、多少はラフな感じで接しても良いのでは?
礼儀作法に気をつかわなくても良いのでは?

そのように考えている方もいらっしゃるかもしれません……が、特にキャバクラは礼儀作法には厳しいお店が多いという特徴があります。

なぜなら、礼儀をきちんとわきまえた男性でなければボーイの仕事は務まらないからです。

たとえば、キャバクラを利用するお客様の中には一流企業で高いポストに就いている方も少なくありません。そのような方々は礼儀作法に厳しいので、「ボーイの礼儀がなっていない=お店の質が低い」ということで、お店そのものの評価が下がってしまいます。

せっかくのお客様の足が遠のいてしまう原因になりかねないので、お店では礼儀作法に関する教育を徹底しています。

というわけで、求人募集を行う場合には、礼儀作法の教育に時間をかけなくても大丈夫な男性が優先的に採用される傾向にあります。

まとめ

今回は、「キャバクラボーイの面接対策」をテーマにお送りしました。
面接は「年齢確認」➡「面接担当者から質問」➡「求職者から逆質問」という流れで行われます。

年齢確認に必要な身分証明書を忘れないようにする
聞かれたことに対しては正直に答える
スカウト行為や罰金制度の有無などはきちんと逆質問で確認する
といったことを心がけましょう。

特に、「志望動機」「経験の有無」といった必ず聞かれる質問についてはきちんと答えを用意しておくことが大切です。そのほか、明るい笑顔を心がけて礼儀正しく振る舞うこともポイントです。

ぜひ参考にしていただければと思います!

この記事を書いた人

  • 野郎WORKマガジン編集部[ 担当記事一覧 ]

    野郎WORK立ち上げ当初からプロジェクトに関わる運営・編集部スタッフ。風俗やキャバクラなどのナイトワークのお仕事探しに役立つ情報や業界のこぼれ話しなどを幅広くご紹介いたします。

関連キーワード

関連記事

ノウハウ 応募・面接の記事一覧へ

記事カテゴリ

職種
デリヘルドライバー
風俗店 店長・幹部候補
風俗店 スタッフ
風俗店 Webスタッフ
キャバクラドライバー
キャバクラ スタッフ
キャバクラ ヘアメイク
キャバクラ Webスタッフ
ホストクラブ スタッフ
メンズエステ店 スタッフ
営業
トラックドライバー
雀荘 スタッフ
建築・土木 スタッフ
パチンコ店 スタッフ
警備員・守衛
DVD・ビデオ鑑賞店スタッフ
ガールズバースタッフ
メンズエステ店 スタッフ
ノウハウ
お役立ち
応募・面接
給料
用語
体験談
地域情報
東京
千葉・埼玉・神奈川
大阪
兵庫
京都・滋賀
愛知
福岡
九州・沖縄
北海道
東北

キーワード

タブー 昇給・昇格 食事補助 服装 グループ店 独立支援制度 日払い・週払い 正社員 寮・社宅 キャスト関連 退職 道具・備品 学歴・職歴 歩合制 業界未経験 ボーイ・黒服 内勤 アルバイト・パート 業界経験者 交通費 再生 ダブルワーク クリエイティブ 中・高齢者 働くお店選び 家庭 社会保険制度 早朝・深夜勤務 福利厚生 賞与・ボーナス 週休2日制 積極採用 資格手当 シフト制 履歴書 失敗 幹部候補 風営法

執筆者

  1. 元風俗店幹部 Y.N
    元風俗店幹部 Y.N
  2. 野郎WORKマガジン編集部
    野郎WORKマガジン編集部

人気記事ランキング

  1. 1
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
    ホテヘルのお仕事紹介!デリヘルとの違いや特徴・メリットを解説
  2. 2
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
    風俗における「地雷」とは?地雷客・地雷嬢の特徴や対処法をご紹介!
  3. 3
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
    「職業欄」には何て書く?風俗店スタッフの悩み事
  4. 4
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
    風俗スタッフが知っておきたい「NG客」への対応方法
  5. 5
    【兵庫(神戸)】メンズエステ男性求人の特徴・給料相場まとめ
    【兵庫(神戸)】メンズエステ男性求人の特徴・給料相場まとめ
  6. 6
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
    風俗スタッフになる前に知っておきたい風俗用語集
  7. 7
    メンズエステと風俗エステの違いは?男性スタッフの仕事内容や給与などを解説
    メンズエステと風俗エステの違いは?男性スタッフの仕事内容や給与などを…
  8. 8
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
    風俗男性スタッフの給料事情を徹底調査!なぜ高収入なの?
  9. 9
    デリヘルドライバーの仕事とは?一日の流れ・稼ぎ方・給与について
    デリヘルドライバーの仕事とは?一日の流れ・稼ぎ方・給与について
  10. 10
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
    40代50代の方へ…風俗店で働く前にこれだけは理解しておこう!
ページの先頭へ

職種から探すJOB SEARCH

稼ぎたい男の高収入求人サイト!野郎WORK[ヤローワーク]は、関東エリアや関西エリアをはじめ、 北海道、東北、北信越、東海、中四国、九州、沖縄と、全国の稼ぎたい男性に向けた高収入求人情報サイトです。
(C)2014-2022 男の高収入リクルートサイト 野郎WORK(ヤローワーク)